オキナワチドリの枯らし方(その1)

Amitostigma lepidum, unnamed seedling in 2018.

f:id:amitostigma:20180412150909j:plain

オキナワチドリ実生。

ネットを見ていると、オキナワチドリを育てている人はそこそこ見つかる。が、栽培情報を書いてくれている方があまり見当たらない。備忘録的に「枯らし方」をメモしておくことにする。

え、枯らし方?と思う方もおられるだろうが、育て方というものは栽培者の栽培環境によってそれぞれ最適解が異なる。違う環境の人が他人の育て方を表面だけ真似しても、総体的なバランス調整に失敗して枯らしてしまうことは珍しくない。

「これをやったら成功しました」は多くの場合、唯一無二の成功手段ではない。他にも成功につながる方法は探せば見つかるものだ。前述のように他人が下手に真似するとかえって痛い目を見る場合すらある。一方で「これをやったら失敗します」を無自覚にやらかした場合、栽培条件にかかわらず高率で致命的な結果になる。それゆえ現場では「これだけはやってはいけない」という禁忌事項を学習しておくほうが重要だと思っている。

1:弱った苗を買う

 オキナワチドリの生育状況を観察してみると、当年の植物体は、球根に蓄積されている前年度の栄養分によって生長している、と考えるのが妥当のように思われる。(つまり当年に吸収・生産された栄養分は新球根に蓄積され、翌年になってから使用されている)

 前年に劣悪な扱いをうけていた苗だと、新球根のサイズはある程度大きくなっていても、その内部は水分ばかりで栄養分が充分に蓄積されていない。そういう球根を植え付けると、どれほど良好な栽培をしても最低でも翌年まではまともな生育をしてくれない。虚弱な品種だと、一度衰弱させてしまうと順調に生育するようになるまで数年以上、回復に5年も6年もかかる事すら珍しくはない。

 自分の作場における最適解を把握していない人が、弱った苗を入手してしまったら試行錯誤しているうちに枯れてしまう。適切に管理できたとしても、生きるでもなく枯れるでもなく・・という状態がいつまでもグズグズ続く。1年か2年で「これは駄目だ」と決めつけて、管理の手を抜けば枯死一直線だ。

 山から掘ってきたばかりの苗を購入する、などというのは問題外。盗掘の是非とかいう問題以前に、苗の扱いが粗雑で商品として落第点のものが多い。特に沖縄本島産の野生個体は性質の虚弱なものが多い。自生地と栽培場では環境が異なるので適応させるのも容易ではない。栽培経験値の高い人でなければ翌年まで生かしておけるかどうかも疑問である。採取時に新球根がちぎれていたりしたら、栽培の達人でも回復させるのは無理だろう。

 一方で充実した栽培球であれば、植えつけて真面目に灌水していればとりあえず花は咲く。そのあと充実した新球根ができているかどうかは栽培者の育て方しだい。翌年に「作上がり」してより大きな株になっていれば栽培成功。

 しかし栽培状況が最適解からずれていた場合、分球して数は増えていても球根のサイズが小さくなっている。翌年の株のサイズも球根に見合った小型株になる。オキナワチドリの場合、栄養状態が悪くなっても着花数にはあまり変化がなく、全体の大きさだけがどんどん縮んでいく。「なんだか小さくなったけれど、このほうがかわいい♪ 花数も減ってないし問題なさそう♪」などと能天気なことを言っているうちに毎年衰弱が進んで、そのうち回復不能になる。

「最初の年はすごく元気だったし、増えてたから育て方は間違ってなかったはずなんだけど・・安心して気を抜いたせいで枯れたかな?」などと無自覚に語っている方をしばしば見かけるのだが、入手した年の生育は前年の養分を使っているので、生育状況と栽培者の栽培能力は比例していない。でっかいヒヤシンスの球根を買えば水栽培でも花が咲くが、それはあなたの栽培技術で咲かせた花なのか?

 気を抜いた? 一体いつから ー 気を抜いていないと錯覚していた?

 というか普通の人の「園芸」は花が終わったらそのまま捨ててしまう消費栽培なので、買ったあと花が咲くまで生きていれば一般人にとっては「栽培成功」だったりする。

 「わーい花が咲いたよ~」と無邪気にインスタで報告。いやいやいやその育て方ではそのうち消滅します、と言ったところで相手は翌年まで生かしておく気など最初から無い。一般社会の「育てる」とマニア基準の「育てる」は意味が違う

 そしてちょっと手間をかけて3年も生かしておければ、中級者相手には十分にマウントがとれるのがこの世界である。

 初心者? ウチョウランとイワチドリの区別がつかないままインスタに載せて楽しんでいる方々に、求められてもいないツッコミを入れて不快にさせるのは礼儀知らずというものだ。

 定型的社会人は植物についての知識などこれっぽっちも必要としていない。「かわいい花ですねー、何という名前ですかー」とか適当に会話のタネにしておけばよろしい。相手の知識が正しかろうが間違っていようが口出しなど余計なお世話である。

 だがヤフ○クで山盗りを買って消費するカス、てめーは駄目だ。

 

2:上から潅水する

 植木鉢に植えて頭から水をかける。はい駄目。もうお話にならねーです。素人はとっとと帰れ。

 ・・とまあ、いきなり突き放しても意味が判らないと思うので解説すると、サギソウとかチドリ類のように植物体が軟質のランは、葉の付け根などに水滴がたまるとそこから腐りはじめる。着生蘭のように表皮が厚いものは(生育適温期であるならば)雨ざらしでもほとんど問題ないのだが、小型地生蘭は数日間じめじめした状態が続くと根元からスッポ抜けて死亡する。

 たまたま環境の良い作場だったりすると放任状態でけっこう育ってしまう事もあるのだが、毎年安定して育てようと思うなら栽培場に雨除けの屋根を設置することが必要不可欠になる。特に雨期や梅雨のある地方では屋根無しの作場だと過湿になっても乾かす事ができないので、絶対にどこかで腐る。

 頭から水をかけて葉を湿った状態にするのもアウト。水差しなどを使って、植物体から離れた場所に丁寧に水を灌注するのが理想的。一度湿らせたら次回の水やりはある程度乾きはじめるまで待つ。うっかり水をかけてしまったら送風扇で風を送って乾かしたり、カメラの掃除に使う「ブロアー」で空気を吹き付けて水滴を吹き飛ばしておく。

(念の為申しあげておくが、これは葉を絶対に濡らしてはいけないという意味ではない。通風不良の状態で湿りっぱなしにすると病原菌が繁殖して葉が腐ってくるという話なので、条件しだいでは時々葉を洗いながしてやったほうが良い場合もある)

 言うまでもなく用土を乾燥させすぎるのも良くないのでベストの水分加減を保てるよう工夫しなければならないのだが、その「ある程度の乾き」の適正量を会得するのが小型地生蘭の場合、無茶苦茶に難しい。用土や栽培環境によって乾き具合が異なるので具体的に言葉で説明するのは難しい。園芸用語で俗に「水掛け3年」と言うが、小型地生蘭の場合、3年で適正水分量を把握できたら達人の領域だと思う。

 さらに鉢受け皿に水をためて「腰水」の状態で底面給水しながら株元は乾きぎみにしたり、殺菌剤で消毒して腐敗を防いだり、室内管理の場合にはLED照明で補光して植物体が軟弱化しないようにしたり、人によってさまざまな工夫を加えているがこれについては環境にもよるので、絶対的な正解というものが無い。

まあ上を目指すときりが無いのだが、

「雨に当てない。頭から水をかけない。」

最低限これだけは覚えて帰っていただきたい。

 

(・・とか言うと着生蘭でも頭から水をかけずに管理する方がいたりもする。

 そして文意をまったく理解せず、目についた単語だけ拾って自分勝手な栽培方法で育てようとする方が総数の数割以上も存在しているのが、趣味家という生物の多様性である。

 さらに、一定数の方々はいっっくら説明しても「何故そういう事をしなければならないのか」という本質部分を考えることを拒絶する。周囲と違う事をすると本能的に不安を感じ、無意識のうちに自分が知っている一般園芸の「常識」すなわち短期消費栽培において「一般社会で多数派に属する育て方」に従って育てようとする。(そう思わないのは社会から浮いても気にしない変質者だけである)

 「理由など考えずに皆と横並びの行動ができる」スキルを生得的に持っている定型的発達者の方であれば、周囲に合わせているだけで社会的に問題なく生きていける。小難しい理屈を自分の頭で考えながら理解するなどという行為は思考力の無駄使いでしかない。誰かが育てているものをただ真似して買い、何の工夫もせずにそのまま枯らすのが「普通の人」にとって最も効率的な「楽しみ方」であり、最も労力を節約できる「栽培」になる。

 そして、ちょっと普通でない栽培者が手間暇かけて育てている希少種を世間に公開した場合、それを見て育てられもしないのに模倣栽培に走る馬鹿が一定割合で発生し、植物にとっては好ましくない結果になることが多い。こういう栽培情報を公開することも社会にとってはむしろ害悪でしかない)

(続く)

*続きは最上段タグ「オキナワチドリの栽培」をクリックしてください