業務連絡:こういうのが咲くそうな

(サギソウ標準花 X 「八月(はづき)」) X シブリング:その1

側花弁が唇弁化した「二蝶咲き」で距が2本ある。愕片は2枚のみ、唇弁が欠損している。花粉、柱頭、子房が退化しており結実しない。

f:id:amitostigma:20190819160326j:plain

花粉親の「八月(はづき)」の画像リンク

http://www.sansoukai.com/bukai/ran/20140808/20140808.html

http://prototroph.web.fc2.com/article/plant/orchidaseae/list/list-sagisou/list-sagisou.html

「八月」は側花弁が唇弁化した「二蝶咲き」と呼ばれる奇花で、子房が退化しており種子ができない。きわめて虚弱な品種で、絶種していないのが不思議なくらいである。花粉も通常は欠落しているが、稀に花粉形成する事があり、花粉親として使う事は必ずしも不可能ではない。

だが「八月」を花粉親にした場合、F1(交配実生第一世代)は100%普通の花が咲くのだという。下が実際に育成されたF1実生の画像。本土の某業者から販売されたものだが、「八月」の血統であることをうかがわせるような特徴はまったく無い。

f:id:amitostigma:20190820114457j:plain

しかし、このF1実生同士を交配(自家受粉も可能だが、子供が弱体化するので別個体との交配が望ましい)すると、F2(交配実生第二世代)において約4分の1の割合で奇花が出現するのだそうだ。今回の画像は某所で撮影してきた、そのF2実生達である。

 

F2実生その2。唇弁が欠損し、不完全な二蝶咲き・左右不対称。距は1本。花粉はあるが柱頭と子房は退化している。

f:id:amitostigma:20190819160344j:plain

 

F2実生その3。不完全な二蝶咲き。距は2本、萼片2枚、唇弁欠損、花粉あり、柱頭と子房は退化。

f:id:amitostigma:20190819160439j:plain

どの個体も鑑賞的には首をひねる感じの妙な花だが、「遺伝性がある奇花」という存在はなかなか面白い。

後代の奇花出現率からみると、奇花形質は劣性(潜性)遺伝と考えて良いのだろうか?ここからさらに交配を重ねて検証していく必要があるだろう。

 発現形質に相当なバラつきが見られるので、さまざまな交配親を使って大量に後代実生を育成すれば、美的な個体が出現する可能性もゼロではないかもしれない。F1実生を入手なさった本土の方は、ぜひ試してみていただきたいものである。

New Book

f:id:amitostigma:20190806093957j:plain

鹿児島市の出版社が出した琉球列島の植物図鑑。

ただし記載されているのは鹿児島県内、奄美諸島の植物が中心で、沖縄特産種は一部が紹介されているに留まる。アマミテンナンショウ、オオアマミテンナンショウ、トクノシマテンナンショウは全部載っているけれどオキナワテンナンショウは載っていなかったり、アマミマツバボタンは載っているがオキナワマツバボタンは名前だけしか紹介されていない、というように明らかに情報が偏っている。

が、逆に言うと奄美大島産の希少種に関しては(さすがに全種は収載されていないが)かなりレアな種類まで載っている。おそらく書籍では初掲載ではないかと思われる植物も散見される。

樹木、草本、シダまで1冊で網羅し、野外でよく見かける帰化植物も記載されているので、とりあえず名前が知りたい、という初心者にとって非常に有用である。奄美フィールドガイドとしては必携の一冊だろう。 

f:id:amitostigma:20190806094019j:plain

欲を言えば写真が小さく、説明も最低限しか書かれていないのが惜しまれる。まあ昨今は名前さえ判ればスマホでいくらでも情報検索できる時代なので、本書は同定に使って、細かい事はあらためて調べていくという使い方が妥当かと思う。

余談ながら、奄美大島は自然遺産登録を狙って野生生物保護への熱意が急上昇しており、条例でレッドデータ種は一律に採集禁止!盗掘者は見つけしだい処す!もしオークションで売っていたら即通報!という感じになっている。ちょっと怖いぐらいである。

一方で沖縄本島のほうは、自然保護?何それ美味しいの?といった感じで乱開発が進行中である。住民の利便性を考えると開発イコール悪とは言い難い部分があるが、どう見ても土建屋が一時的に儲かるだけの、負の遺産が残りそうな開発事業がそこかしこで行われている。加えて盗掘も野放し状態、というか採らなくてもそのうち跡形もなくなるという状況が現在進行形でどんどん積み重ねられている。採集の是非を語る以前にいろいろ問題ありすぎである。この差はいったい何なのだろうと思う。

Habenaria hybrid F2

(Habenaria sagittifera X Hab.linearifolia) X Hab. linearifolia

f:id:amitostigma:20190719160904j:plain

(ミズトンボ♀ X オオミズトンボ♂)X オオミズトンボ♂

某所にて撮影。4分の1はミズトンボの血が入っているはずだが、ほぼオオミズトンボ。 唇弁が純血オオミズトンボに比べるとほんのわずか緑色が濃く、側裂片が純血個体より短くて万歳をするように上向きになっているところにミズトンボの特徴が残っている。が、言われればそうなのかな?と思う程度で、ラベルが無ければオオミズトンボの個体変異の範疇だと思ってしまうのではあるまいか。

ちなみに親個体はこちら。

こちらは姉妹株の別個体。ほとんど区別がつかず、あまり形質分離が出ていない感じである。

f:id:amitostigma:20190719160927j:plain

鑑賞的には純血オオミズトンボに「劣るとも勝らない」ので、園芸的にはわざわざ作り出す意味は無いと思われる。が、遠くない将来に国内オオミズトンボ自生地の消滅が予想されている現在、市販されている人工増殖オオミズトンボの種親の寿命が尽き、実生苗も近交弱勢で継代できなくなってすべて消え去っていく前に、こういう雑種を作ってでも何とか遺伝子を残していくことも考えねばならない状況なのかもしれない。もし何かしようと思うならば、まだ苗が入手できる今が残された最後のチャンスなのだ。

だが一番ありそうな展開としては「誰も何もしなかったので残らなかった」になるだろうと思っている。千葉県のN湿原で、自生地そのものは天然記念物指定されて残っているけれど、オオミズトンボは何もしないでいるうちに実生更新が止まり、今はもうどこにも目視できなくなってしまったのと同じように。

New Book

"BRUTUS" 15/07/2019

f:id:amitostigma:20190704155416j:plain

f:id:amitostigma:20190704155434j:plain

f:id:amitostigma:20190704155457j:plain

雑誌「ブルータス」ビザールプランツ特集4(3は総集編だったので実質パート3)

ファッション系雑誌なので、承認欲求を満たすアイテムとして植物を飾っている方が一部登場しており、モヤっとした気分にさせられる(苦笑)

とはいえ執筆者の多くは特定ジャンルでは大御所と言える方々、あるいは新進気鋭の注目に値する園芸業者達である。「よくもまあこれだけのメンバーを集めたな」という感じで括目すべき内容となっている。園芸雑誌が「しがらみ」によって硬直した内容になってしまっている昨今、旧態依然の停滞した園芸業界に対して、良い意味で喧嘩を売っている感じである。是非はともあれ、昭和の野生植物狂乱時代の熱気を思い出すものがある。

栽培マニュアルと銘打っているが、ページ数の関係で総論(としては非常に良い内容なのだが)しか書かれていないため総合的に見れば業者の販促カタログ以上のものではない。というかファッション雑誌でかっこいい自動車の解説記事を読んで、その車の運転ができるようになれるなら苦労はいらない。そもそもこの本に載っているのは運転免許どころかF1ライセンスやパイロット免許を必要とするレベルの草が多いのだが、育てるための覚悟、あるいは生き物を扱う「資格」(とでもいうべき資質)について一切語っていないところは良くも悪くもファッション雑誌である。(他の園芸書籍がファッションで無いとは言っていない)

「(植物の栽培は)ゲームでレベルが上がっていくのに近い感覚で、自分のスキルが上がっていくのも楽しいですよ(p45)」まあ嘘は言っていない。ゲーム廃人と呼ばれるくらいやりこむか、ガンガン課金してSSR栽培アイテムを揃えないとヒロインが死亡するクソゲー 特殊なゲームである事を一言も説明していないだけである。新規参入者を取り込むための広報として実にあざとい たいへん効果的な語り口である。これが人工増殖苗で全需要を満たしている商売であったならば、おおいに夢を語って現実問題に触れない方向でも実害は無いと思うのだが以下略。

同じビジュアル系でも初心者向け特集を組む時に、まず野生種に関わる者の責任のありかたを教えこもうとする説教雑誌、ビバリウムガ○ドとはある意味で対照的である。

が、掲載されている自生地写真などには鼻血モノの画像が数多く、何も判っていない無垢な一般人を泥沼に引きずり込もうとする邪悪な意志を感じる それだけで一見の価値はあるだろう。

つーかY先生が育てたオフリスの画像とか、S先生が画像提供した腐生植物の解説とか、こんな企画を立てた奴ちょっと出てこい。ふざけんなもっとやれ。

Ranunculus ternatus var.lutchuensis

cultivate in Okinawa island

f:id:amitostigma:20190625111949j:plain

リュウキュウヒキノカサ。沖縄本島の某所で栽培されていた個体。

喜界島から沖縄諸島にかけて局所分布する植物で、環境省カテゴリーでは絶滅危惧1Aの希少植物。栽培自体は簡単なのだが、見てのとおり非常にショボい 侘びた佇まいの植物であるため、かなりの物好き 数寄の心を理解する趣味人だけがその魅力を理解しうる野草である。(普通だったら後ろに写っている植物のほうを紹介するのだろうが、今回は触れない)

リュウキュウヒキノカサは産地ごとに変異があるようで、それらをすべて同一種として良いのかどうかは今後の研究を待つことにしたい。ちなみに管理人宅で栽培している系統は下記のようなもの。

f:id:amitostigma:20190625112010j:plain

こちらは花が一回り大きく、花弁数が多い。産地は不詳だが、過去に変異品種として報告された個体群のものだと思われる。

リュウキュウヒキノカサの一品種ヤエリュウキュウヒキノカサ(新称)」(2004)

http://phytogeogratax.main.jp/site/wp-content/uploads/2018/01/JPT52_1_89-1.pdf

 

ラナンキュラスと言えばRanunculus asiaticusの園芸(八重咲き)品種が春に大量流通している。あれはあれで美しくはあるが、原種のasiaticusが持っている清楚な魅力とはまったく別方向に進化した花である。

というか、asiaticusは乾燥地域の花なのでちょっと多湿にするとあっという間に腐ってしまう。日本国内では長生きさせるのが難しく、ほぼ100%が短期間のうちに消耗品として消えていく。まあ園芸生産品なのでそれで問題は無いのだが、まともに育てられないのは少々寂しい気がする。

だが最近は日本の気候風土に合った品種を新たに交配育種する試みも始まっている。商品名を出すとステマ扱いされそうなので控えるが、適地であれば花壇植えも不可能ではない品種が作出されて全国への流通が始まっているようだ。リュウキュウヒキノカサのように耐暑性・耐湿性に優れた原種を交配親に使ったら面白いのでは?と思ったりもする。とはいえ育種というのは10年単位で時間がかかる仕事なので、この年になるともう自分でやってみる時間は無いのだが。 

Papilisia?

collect in Okinawa island,Japan.

(This plant cultivate in Tokyo.)

f:id:amitostigma:20190607102927j:plain

通称「リュウキュウボウラン」。東京の某展示会に出品されていた株を知人が撮影したもの。(掲載は撮影者の了承済)

この植物に関しては色々と感慨深いものがある。もともとは亡き師匠が秘蔵していた沖縄本島採取個体(とされている。これに関しては後述する)で、師匠が株分けして数十年前に東京の山草会に送ったものが送付先で増殖され、日本全国に広まった模様。現在沖縄で栽培されている苗にも東京からの里帰り品があるようだ。

ラン科植物の多くは毎年植え替えないと作落ちしたり、暑さ寒さに耐えなかったり、ウイルスに弱かったり、いきなり腐って全滅したりする。そのため、希少なランを栽培下で保存栽培していこう!などとイキってみても、バトンを渡した時に落とす人が多すぎてリレー栽培など現実的にはほぼ成立しない。ところがこの個体はたった一株のオリジナル個体から増殖され、何十年も人から人へと手渡されつつ栽培が続いている例外的な事例である。

この個体はランとしては強健で、ある程度の粗放栽培に耐える。何かに着生させてしまえば何年も植え替えが不要。栄養繁殖しやすくウイルス耐性もあり、暑さに強く、関東でもある程度の温度が保てるなら室内越冬できるぐらいの耐寒性もある。(注:寒さは好まないのでほどほどに加温しないと生育は悪い)さらに近縁の着生蘭の性質から推測するに、個体寿命もおそらく100年以上あるだろう。栽培維持に関して大きな問題点が無かった、言い方を変えれば、めったに枯れない草だったからしぶとく残っているわけだ。

亡き師匠から聞いた話では、このランは沖縄本島の本部(もとぶ)半島の岩場で一株だけ見つかったもので、師匠が発見者から譲りうけて秘培していたのだという。(その後に同種の苗が発見されたという噂を聞いたことがあるが、真偽は確認できていない。現在流通している「リュウキュウボウラン」はどれも師匠から分株されたことが確実な個体と区別がつかないので、すべて同一クローンではないかと考えている

もともとリュウキュウボウランというのはSchlechter(ドイツの植物学者)

が記載したLuisia liukiuensisの和名であるらしいが、原記載を調べていないので正体がよく判らない。日本語文献では「原色日本のラン」(前川文夫著、昭和46(1971)年)に名前だけ紹介されており、「(広域分布するボウラン属が)琉球列島にだけまったく異なる種を分化するということはまことに考えにくいことであって、ナゴラン(あるいはフウラン)といった他属とのF1である可能性も考えられるのである(同書p.67より引用)という記述がある。ネットで検索すると今回の画像と同種の「リュウキュウボウラン」に対して「学名はLuisia liukiuensis、前川文夫博士はボウランとナゴランの交雑種だと推定している」というような解説をしているサイトが複数見つかるが、おそらくこの書籍が元ネタだろう。ただ、そういう説明の多くは孫引きを重ねていて、微妙に正確さを欠いているように思う。

(ちなみにボウランとナゴラン、ボウランとフウランの交配種は洋蘭業者が人工作出したものが流通している。煩雑になるので画像リンクは貼らないが、いずれも今回の個体とはかなり草姿が異なるランである)

そもそもSchlechterが記載したリュウキュウボウランなるものは、亡き師匠が栽培していた「リュウキュウボウラン」とは別物の可能性がある。記載標本と同一種でないとすれば、画像の個体をリュウキュウボウランと呼ぶ事からして間違っている。ならば何と呼べば良いのか?というと現状では「未同定の正体不明種」が正解ということになるだろうか。

前川博士の原文を見ると「リュウキュウボウランは交雑種なのでは?」という疑問を呈しているだけで、ボウランとナゴランが親だと断定してはいない。沖縄本島に自然分布している野生蘭でボウランと交雑可能なのはナゴランとフウランぐらいしか思い当たらない、というだけの話ではなかろうか。(独自解釈:要検討)

現存する「リュウキュウボウラン」の外見は、沖縄本島でしばしば屋外に植栽されている東南アジア産の大型単茎種Papilionanthe teresと、ボウランを足して2で割ったような感じである。もし両者の交雑種であるならば、ボウラン属Luisiaではなく属間交配属Papilisiaという事になる。

下記リンクはPapilionanthe teresとLuisia javanicaの人工交配種、Papilisia Terejavaの画像だが、「リュウキュウボウラン」にかなり似ている。

http://bluenanta.com/orchid/100989290/hybrid_detail/?tab=sum

リュウキュウボウラン」が本当に野外生育株であるならば、栽培品のPapilionanthe teresと沖縄本島産のボウランが虫媒によって交雑し、野外で種子が生育したもの、という可能性が高いように思われる。しかし現時点では仮説・憶測の域を出るものではなく、正確な両親については誰かがDNA鑑定で確定してくれるまで断定は避けておく。

問題は野外に自生していたというのは真実なのか?という点である。師匠は発見者の方から直接譲りうけ、発見場所も案内してもらったというが、それは二次情報である。まあ、こういう酔狂な交配種をわざわざ作って山に植えるような人はまずいないだろうが、第一発見者の方の情報に嘘、あるいは誤認があった可能性は否定しきれない。

もしかしたら台湾あたりの蘭園が面白半分に作った人工交配苗を買ってきて、山採り大珍品だと大法螺を吹いたオジイがいた、というのが真相だったりするかもしれない。そうなれば片親が沖縄産ボウランでは無い、という事であってもおかしくはない。いずれにしても来歴に関しては今となっては確かめる術(すべ)は無い。

 

話は変わるが「リュウキュウボウラン」は管理人も以前に栽培していたことがある。試しに交配してみたところ自家受粉ではまったく結実しなかった。自家不和合の可能性もあるが、交雑種なので稔性が非常に低いという可能性のほうが高いように思われた。(注:根拠は無い)そういう場合には親となった原種の花粉を使って「戻し交配」をするとしばしば苗が得られる。

そこでナゴラン、フウラン、ボウラン(が手元に無かったのでタカサゴボウラン)、ついでに園芸交配種のコチョウランの花粉をそれぞれ「リュウキュウボウラン」2花ずつに交配してみた。結果としてナゴラン、フウラン、コチョウランは子房が膨らむことなく落花、タカサゴボウラン交配のみが2花とも結実した。その時の種子を育苗した結果がこちらである。

Papilisia? X Luisia teres var. botanensis

f:id:amitostigma:20190608111542j:plain

うん・・まあ何というか、残念な感じの マニア好みで味のある花である。

 

f:id:amitostigma:20190608112612j:plain

こちらは同果実から育成した姉妹株。ほぼボウランである。予想以上にボウランである。

実生形質がバラつくところを見ると「リュウキュウボウラン」はやはり交雑種であろうか。片親がボウラン系であれば「ほぼボウラン」が出現しても矛盾は無い。

まあ観賞価値に関しては・・美の基準というものは人それぞれ、語らずに心の奥に秘めておけば良いのである。

Hong Kong orchid tree

Bauhinia X blakeana

form Hong Kong. cultivate in Higashi village, Okinawa island, Japan

f:id:amitostigma:20190528154333j:plain

オオバナソシンカ(大花蘇芯花)。葉が偶蹄類の蹄の形に似ており、沖縄ではヨウテイボク(羊蹄木)という名前でも呼ばれている。アカバナハカマノキ(赤花袴乃木)ともいう。あるいは英名でオーキッドツリー。呼び名が一定していないので人と話をする時に困る。(苦笑)

マメ科の樹木だが、マメ科っぽくない大型の美しい花を咲かせる。やや大型になるので一般住宅の庭に植栽されることは多くないが、街路樹などになっているのをしばしば見かける。

遺伝子解析によるとムラサキソシンカBauhinia purpureaを母樹にもつ交雑種で、花粉樹はフイリソシンカBauhinia variegata と推定されているが確定していない模様。1880年頃に香港で発見され、稔性が無く結実しないため挿し木などによって殖やされ、各国に普及したとされる。が、戻し交配あるいは非常に低い確率で種子ができるらしく、その中には稔性のある個体も見つかっているようだ。(出典:ウィキペディア英語版↓)

花には菊に似た淡い香りがある。おひたしにすると食用菊のように食べられるという話だが、街路樹の花をむしる勇気が無く、いまだ確認できていない。