Kaempferia sp.

Kaempferia sp.

Wild collect,  from Chiang Mai, Thailand.

f:id:amitostigma:20180703102514j:plain

f:id:amitostigma:20180703102552j:plain

f:id:amitostigma:20180703102615j:plain

タイ産のショウガ科バンウコン属の不明種。知人から2年前に分与してもらった株の初花で、仮称ケンフェリア・マイクロミニ。

当ブログはラン科&沖縄植物をテーマにしており、なおかつ野生採取個体は基本的に紹介しないことにしているのだが、本種に関しては萌えざるをえなかったので例外として載せてみた。

画像の状態は花が少ししぼみかけているようで、知人の話によると最上の状態では愕や花弁(実際には少し違うらしいが)がもっと伸び、よりランの花に似ているらしい。

バンウコン属は国内では薬草として加工品が若干出回っている程度で、鉢物はほとんど売られていない。というのも花は午前中に咲いて昼過ぎにはしぼんでしまい、普通に仕事をしている人間には咲いているのを見ることさえできないからだ。今回の画像はたまたま日曜日に開花したので撮影できたが、花がつきにくく次に見られる機会はいつになるのか判らない。もしかしたらこれが最初で最後かもしれない。

この属には葉に美しい地模様の入る種類がいくつかあり、ピーコックジンジャー(クジャクショウガ)の名前で観葉植物として栽培されているものもある。タイなどでは庭園のグランドカバーとして植栽されることもあるらしい。だがどの種類も葉が手のひらサイズ以上になるようで、ラン科のコリバスといい勝負ができるような小型種があるという話は検索してもまったくヒットしてこない。

調べた範囲ではKaempferia gilbertii やangustifolia に似ているが、そちらは葉長10㎝を超える植物なので、本種とは少なくとも同一視はできない気がする。正確な名前がお判りの方がいらっしゃったらご教授いただきたい。

参考:タイおよびラオスの19種のケンフェリアの比較研究

https://www.researchgate.net/publication/318152948_Chromosome_number_variation_and_polyploidy_in_19_Kaempferia_Zingiberaceae_taxa_from_Thailand_and_one_species_from_Laos_Cytogenetics_of_Kaempferia?_sg=18LpShwPQySo5mcBhUMEU0qDK11r2fhFehEed6bj3xY6L5bFE6xoQ9v-SLCDqz5XXK6XDPw9Dw

性質にコリバスのような気難かしさはないようで、耐暑性にも問題はない。沖縄であればテラリウムなどで湿度管理する必要もなく、常温常湿で普通に栽培できるようだ。冬には落葉し、細根も枯れてほとんど根茎だけになって休眠するため越冬管理も楽である。本土でも冬期に室内で保温すれば、温室のない趣味家でもおそらく栽培できると思われる。またショウガ科の常識に準じて年に2倍か、それ以上に増殖する。ただし花付きが非常に悪いので一般園芸向きとは言いがたい。ちなみに植物体をいじると、ショウガ科特有の刺激感のある香りが感じられる。

Vanda lamelata

in Orchid show, Okinawa island.

f:id:amitostigma:20180625154308j:plain

コウトウヒスイラン。沖縄本島の某蘭展にて。

コウトウヒスイランは台湾の紅頭嶼(こうとうしょ。現在の蘭嶼(ランユー)島。)に自生する翡翠蘭(バンダ属の和名)という意味。日本国内で唯一のバンダ属と言われていたが、フウランがバンダ属に編入されたのでそういう意味での希少価値は下がった。

日本国内では尖閣諸島魚釣島に自生(していた)と言われる。しかし魚釣島では1978年に緊急時の非常食として持ち込まれた2匹の山羊が野生化して爆殖。低層から中層の草木は食べつくされ、木の皮まではがされて着生木の実生更新も止まっているらしい。領有権がアレでコレで上陸できないので正確な現状は不明。ヤギの駆除もできないため状況としては相当にシビアな模様。「尖閣 ヤギ」で検索するといろいろ出てくるが、政治色濃厚なサイトが多いのでリンクは省略。

過去に漁師などが持ち帰ったと言われる尖閣産コウトウヒスイランと言われる個体が沖縄で栽培されており、ごく稀にネットオークションで売りに出て恐ろしい高値に競り上がることがある。が、その個体が確実に尖閣産であるとDNA鑑定で確定されているわけではないようだ。

台湾では大量に園芸増殖されており、素心や4倍体大輪、赤っぽいの緑っぽいの白っぽの、バリエーションに富んだ個体が沖縄のガーデンセンターで普通に安く売られている。国内のラン縛りで収集しているコレクターでなければ尖閣産にこだわる意味は皆無である。沖縄では庭木につけて放置していても育つので、ほぼ本土のフウランの感覚で栽培されている。

Amitostigma lepidum seedling

seedling in 2018.

f:id:amitostigma:20180607150602j:plain

オキナワチドリ実生。

数多くの実生の中から「ちょっと変わった花」を探して、検定交配して遺伝特性を調べ、次世代の新しい花を作出する素材として整理していくのが管理人の趣味。

とはいえ一般的な人は植物の種名を覚えることすら一苦労。種内個体差ともなれば「ヲタクの無駄知識」の範疇だろう。

切手マニアでなければ、切手を見て標準版とレア版を識別できる人はいない。それと同じことで、花の写真を見て標準花と非標準花の区別がついたら一般人基準ではすでにマニア、腐れヲタクの領域。マニアにとっては基本中の基本、最低限知っているべき知識の線引き=普通の人から見ると危ないから入ってはいけない境界線、である。そこから先には底なしの泥沼がある。

趣味の会などで話をしてみると「ちょっと山野草にも興味がある」程度の人だと、ランが好きとか言っていてもオキナワチドリとウチョウランの区別もつかない段階に留まっていたりする。ヲタク領域には最初から入りこむ気がないし、興味が無いから何か覚えようとする気もない。栽培に関しても、「植物ヲタクがやる作業は覚えたくない」方のほうが圧倒的に多数派のようだ。

まあ、仮にチドリ類に興味を持ったとしても、栽培が面倒で種苗供給体制にも難のあるオキナワチドリにわざわざ手を出す必要は無い。大量生産されているウチョウランの中から気にいった花を選んで、飾り捨てにしていればそれで良いと思う。大多数の人はそれ以上のことを求めていないはずだから。

Asarum caudigerum

in habitat. Nakijin village, Okinawa island, Japan.

f:id:amitostigma:20180518155756j:plain

オナガサイシン、別名カツウダケカンアオイ。自生地にて撮影。

自生地はハブの巣窟で、足場も悪いので案内人無しで行くと簡単に死ねる。

観賞価値はそれほど高くないと思うのだが、カンアオイ類はコレクターが多く、観賞価値にかかわらずコレクトアイテムとして盗掘されてしまう。本種のようにもともと個体数が少ない種類だと、採りつくされて自生地で見るのはもう不可能に近い。画像は案内人の方がガイドして見せてくれた個体だが、一日中散策してもこの個体以外には一本も見つからなかった。

栽培は易しいとは言えない(一般人基準)が、ベテラン栽培者であれば増殖も可能なので、ごく少数ではあるが栽培下での増殖品が流通する。なお、2017年に「特定」希少動植物種に指定され、販売許可証をもつ業者以外は販売・譲渡が禁止されている。

ちなみに園芸店では変異個体としてオナガサイシンの「赤花」や「素心」と呼ばれる個体も流通しているようだが、それらに関してはよく似た別種ではないかとの事。詳しくはこちらのサイトを参照。

ASARUM JAPAN オナガサイシン

Spathoglottis hybrid

in Okinawa island, Japan.

f:id:amitostigma:20180511103114j:plain

コウトウシラン系交配種。沖縄本島植栽。

コウトウシラン属は一年を通じて生長を続ける熱帯性地生蘭。20℃以下になると生長が止まり、長期間生長が止まっていると調子を崩して枯れてくる。

温度さえあればシラン並みに丈夫なので、熱帯域では花壇に植えて楽しむことができる。沖縄本島でも台湾あたりから輸入されたカラフルな交配種が画像のごとく庭先などに植栽されているが、気候的に越冬限界ギリギリなので葉が傷んだり、寒い年には枯れたりすることもある。

八重山諸島あたりまで行けば楽勝で越冬できるようで、原種のコウトウシランSpathoglottis plicata が道路の法面などで雑草化していたりする。しかし沖縄本島だとコウトウシランはどちらかといえばレアな植物だろう。(野生状態で見つかっているが、自生ではなく栽培からの逸出と言う説が有力)

一般園芸店では交配種をまとめて「コウトウシラン」と呼んでいるので「コウトウシランは沖縄では普通に売ってるよ」と言われることがあるが、原種はわざわざ殖やす業者がいないので販売品をあまり見かけない。交配種ぽい個体にplicataのラベルがついて売られていることも珍しくはない。

本土でも日本産野生蘭の全種コレクションを狙っているような方は原種コウトウシランの栽培を試みているようだが、真冬でも強光と高温が必要になるので本土では維持が難しいようだ。

逆に言えば強光と温度が確保できるなら栽培に難しい点はまったく無いのだが、順調に育てば育ったで草丈1mに達してしまって室内温室などに収めるのは難しい。大型温室を持っていて冬期20℃で管理しているような洋蘭愛好家が、コウトウシラン属のランを一鉢くらい育てていることはよくあるようだが、この属を積極的にコレクションしている方は日本国内にはほとんどいないと思う。熱帯アジア諸国の園芸ブログなどを見てみると、種間交配によって「うわー凄い」と言いたくなるような園芸品種群が作られているのだが、日本にはあまり導入されてこない。まあ、輸入したとしても日本で栽培維持するのは難しそうな感じではある。

オキナワチドリの枯らし方(その5)

f:id:amitostigma:20180417160640j:plain

沖縄本島北部、オキナワチドリ自生地。

定点観察に行ってみたら、未開花の実生がかろうじて数本残っていたが、開花株は一本も見当たらなかった。

ヤラセ写真ではないが、「お前の自作自演だろ?」と言われても否定する材料は何も無い。こういう状況がある以上、野生型のオキナワチドリをブログに載せているだけで白い目で見られると思ったほうが良さそうだ。

沖縄の某展示会で、実名を晒して盗掘植えつけ鉢を出品なさっておられた神経の太い方がいらっしゃったが、あの花は3年後に残っているのだろうか。

オキナワチドリの枯らし方講座を続ける。

 

6・個体差を考慮しない

オキナワチドリには個体差というものがある。同じように育てていても、丈夫で毎年良く殖える個体と、虚弱で生かしておくのがやっとの個体がある。ネットで検索していて「何年も育てていますが栽培は簡単です」という説明がついているのは、おそらく前者。そういう個体を基準にオキナワチドリの栽培を語るのはいかがなものか。加えて枯らした人はだいたい黙っているので、ネットにはほぼ成功談しか出てこない。

「ランを育てるのは初めてだったのですけど、オキナワチドリの花を無事咲かせることができました」と喜んでいる方も時々見かけるが、それはまあ、さんざん説明してきたアレである。こちらは情報源としては不適切なのだが、知らない人は素人でも育てられるくらい簡単なんだなーと思ってしまう。うん、チューリップって栽培簡単だよねー的な。

きちんと育てたいならば、丈夫な品種を入手すべきなのは言うまでもない。野生個体でも比較的丈夫な個体が無いでもないが、平均としては交配実生のほうが丈夫な個体が多い。少なくとも沖縄産の山採りはやめておいたほうが無難。

が、困ったことに交配実生はほとんど流通していない。ヤ◯オクですら年に数回出品される程度で、最近の交配品種になるとほとんど売りに出てこない。扱っている業者はあるのだが、ネット嫌いで店頭販売が中心だったり、儲けが薄いので積極的に販売していなかったりする。それらしい業者に直接電話をかけ、在庫確認する必要があるので購入するにも敷居が高い。検索すると山採り通販業者のホームページが先に出てきて、そちらでポチる人のほうが多そうだ。

まあ管理人の経験上は、栽培欲を満たせれば品種なんかどうでもいいという人のほうが多いようではある。長期栽培も最初から考えておらず、栽培体験を楽しんだら満足してすぐに手抜きをしはじめる。そうやって山採り個体や、栽培者がほとんどいない希少品種が次々と消費されていく。

が、よく考えてみれば、園芸というのはもともとそういう方々のほうが多数派ではあったのだ。管理人がなにか期待するほうが間違っているのだろう。

7・休眠したあと存在を忘れる

オキナワチドリは晩春になると葉が黄変枯死し、地下の球根のみで越夏する。球根が小さいので、休眠中に水やりを忘れて完全に乾燥させてしまうと干物になる。かといって水をやりすぎると蒸れて腐ってしまうことがある。運が良ければ屋外放置で雨にあたっているだけで偶然に夏越しに成功することもあるが、そのまま植え替えないで二年目の花を咲かせてしまったら、もう手遅れである。

鉢植えのまま越夏させるのが良いか、鉢をあけて球根をひろいあげて半乾きのミズゴケなどと一緒に保管しておくのが良いか、どの程度まで水を与えるのがベストなのか最適解については一概には言えず、いろいろ工夫して試してみる必要がある。(たまに冷蔵庫に入れたという方がいるが、温度が下がると活動を再開する植物を休眠期に冷やしてどうする。)

この時期に存在を忘れてしまってそのまま枯らしてしまう方も多いようだが、あまりにも初歩的な失敗なので黙して語られないことが多く発生率については定かではない。いずれにせよ本気で育ててみたいと思っている方でないと、わけのわからない管理を真面目に続けるモチベーションが続かないようではある。

いずれにしても、結論としてオキナワチドリは相当に育てる人を選ぶ。興味本位で気軽に手を出してもまず続かない。野生蘭マニアなら一度ぐらいは育ててみるようだが、10年以上きちんと育て続けている例は100人に1人いるかどうかという印象だ。

希少なランを栽培下で保全します?・・オキナワチドリでさえ維持できていない現状で、何を保全できるというのだ? 野生種の遺伝子保全には同じ個体群から十株単位で保全する必要があるが、同じにしか見えない野生並花に個体番号つけて系統管理している人がどこにいる? 特定個体群から個体寿命に限界のある1個体(ウイルス感染などがあるので耐病性が低いと永続的に栽培できない)だけ抜いてきて、それで保全になるとでも? (実生更新は別株と交配しないと近親交配により世代を重ねるほど弱化する)

最後になるが、今回の一連の記事では栽培時の諸条件、たとえば生育中の潅水については触れていない。水をやらないと干からびるだの、やりすぎると腐るだのは一般常識なのであえて書くまでもないからだ。だったらどの程度の潅水が適切か。そういう「育て方」は一切語らないでおく。自分の作場の最適解をまだ見つけていない方に、余計な情報を与えてしまったら良い結果にはならないだろうから。

(次回からは通常営業に戻ります)

オキナワチドリの枯らし方(その4)

f:id:amitostigma:20180417094354j:plain

販売されているオキナワチドリ。沖縄本島内の某ガーデンセンターにて。

平鉢に赤土(そのへんで掘ってきた)で植え、表面に苔(そのへんで剥いできた)を張り付けてある。植え方が適当で、植物が傾いて根が露出している。草姿から推察して、作りこみ品ではなく山採り個体を当年に植えつけたものだと思われる。

沖縄本島内で販売されているオキナワチドリはこういうのが普通である。オキナワチドリに限らず、流通している沖縄産の植物の山採り率はきわめて高い。というより増殖業者がいないのではあるまいか。

オキナワチドリの場合、本土の業者から園芸選抜個体を卸買いして転売することも可能なはずなのだが、球根からきっちり育成して花卉として通用する鉢物に仕立てあげるスキルのある業者は全国的に見ても数える程度だろう。というか、オキナワチドリは開花まで時間がかかるのに値段は安く、真面目に育てて出荷すると赤字になるので一般園芸店にあまり流通しない。

こういう雑な鉢植えを植え替えもせず、無肥料で管理しても数年程度であれば生かしておくことは十分可能だ。まあ普通の人だと休眠したら管理をやめて放置してしまうので、夏の間に干物になってしまうのだが。

オキナワチドリの枯らし方講座を続ける。

 

5・大きな鉢にまとめて植える

真面目に世話すれば、「丈夫な品種であれば」年に2倍程度に殖える。順調にいけば3球程度から始めて3年後には20球を超える。オキナワチドリは地面に葉を広げて育つので、小さいわりに生育面積を必要とする。4号鉢程度だと20球植え付けるのは厳しいので5号以上。根の深さはそれほど深くないので盆栽用の平鉢を使う。

・・まあ、それも間違いではない。実際に100球まとめて大きな平鉢に植え、上手に育てておられる方もいないことはない。が、初心者に勧められる育て方ではない。

極端に小さい鉢だと用土の乾湿変化が激しすぎて、水切れで枯らす危険性が高い。だったら大きい鉢のほうが鉢内の水分が安定して良いのか、と言うとそうでもない。あまり大きな鉢にすると過湿になった時にいつまでも過湿状態が続く。水切れの危険性は減るが腐って駄目になる危険性は小鉢に比べて著しく高くなる。大きい鉢に密植すると中心部の通気が悪くなるので、これまた腐敗の危険性が大幅にアップする。

小鉢の時には順調に育っていたのに、大鉢に変えたらまるごと腐って全滅。チドリ類の栽培者が一度はやらかす初歩的な失敗である。

また、鉢土は表面が乾いていても鉢底には停滞水が溜まっていて過湿、ということがある。鉢の高さが低くなるほど鉢内の用土の水分適正区域が少なくなる。ガンガン吸水する盆栽や一般山野草では多少の水分差は誤差の範疇だが、ラン科のようなデリケートな水分管理が必要な植物では平鉢と普通の鉢(あと、オキナワチドリでは使わないが腰高ラン鉢)の水分分布の違いが生育差につながる。

(余談だが、砂漠に生えて地下水脈まで根を伸ばす特殊な植物では、土管のような縦長鉢に植えて腰水にし、常時下から水分が上がってきて絶対に水切れにならない&それでいて上までは水が届かなくて株元はいつもカラカラ、という育て方をすることがある。そういうのは平鉢だと再現不可能な育て方だろう)

大鉢と小鉢、平鉢と腰高鉢では管理の最適解が異なる(同じ管理をしていると生育に違いが出てくる)というのは考えてみれば当たり前なのだが、入門者は言われるまで気づかない。

意図せぬ水分が加わらないよう雨除けをして、作場の通風を工夫し、腐敗予防の殺菌消毒を定期的に行う。ベテランになると鉢に合わせた水分調整も特に意識せずにやってしまっているので、わざわざ栽培解説に書くことを忘れている。それゆえ何も知らない新規参入者がベテランの大鉢植えを真似し、通過儀礼的に「大鉢植えで大失敗」をすることになる。

順調に殖えてきた時には、殖えた分だけを別の鉢に移動し、もとから植えてある鉢にも必ず一部を残しておくこと。全部いっぺんに別の鉢に移すと環境が変わって全滅することがある。まったく同じ鉢を用意し、2鉢に分けて保険的に栽培しておくのも良いだろう。(続く)