Amitostigma’s blog

野生蘭と沖縄の植物

オキナワチドリの育種(多点系)

Amitostigma lepidum (Hemipilia lepida) 'Blotch form'

 オキナワチドリ多点花。市販の交配実生をがっつり肥培し、肥料に反応して大輪化する個体を選別したもの。

 大輪系は肥培すると見違えるほど花が大きくなる。逆に言えば大輪品種でも、体力が無い株はものすごくショボい花しか咲かない。

 管理人は以前には「これは大輪系だ」という個体を探し出して殖やし、あちこちに配って「この株なら交配親に使えます」と言って育ててもらおうとしていた。

 が、育種選別物は大量生産品のウチョウラン交配実生のパチモン扱いされてしまった。「最近はこういう花、どこにでも売ってますね」と言われてしまい、真面目に育ててくれる方がいなかった。むしろ山採りの旧銘品のほうが(栽培技術の無い方でも持っているだけで所有欲が満たせるので)コレクトアイテム的な人気があった。

 そして性質に癖のある旧銘品をまともに育てられた人は数えるほどしかおらず、技術蓄積の無い若い方はほぼ維持できなかった。一方で丈夫な交配実生は気軽に「捨て作り」にされ、誰も交配親に使ってはくれず、殖やしても「その先」には何も残らなかった。

過去記事 ↓