あなたはナリヤランの事を知らない

Arundina hybrid 'alba'

f:id:amitostigma:20201105160629j:plain

 ナリヤラン種群間交配個体、3.5号鉢。小型個体群純白花と、おそらく亜種として分類されるであろう矮性濃色個体群の交配個体(後述)の種子から育てた第二世代。

端的に言うと(白X 赤)Xセルフ。

f:id:amitostigma:20201105160650j:plain

 まあ鑑賞的にはそれほど悪くないと思うが、花持ちがよろしくない(2日程度)なので鉢花として出回る可能性は無い。

f:id:amitostigma:20201105160721j:plain

 ちなみに上の純白花の親個体(白X赤)はこういう花である。片親が濃色花なので交配第一世代もわりと濃色。この花の種を播くと4分の1の確率で純白花が出る。濃色の子供がどうして純白になるのか、という理屈については調べれば判ると思うので省略。

  ナリヤランは産地によって花の大きさや草丈、耐寒限度などに著しい違いがある。草丈が成株で30cmの系統と2mの系統、耐寒限度が5℃の系統と15℃の系統、バンバン栄養繁殖する系統と高芽以外ではほぼ殖えない系統。ほぼ別種と言って良いほど栽培特性が異なる個体群がいくつも存在してい

 あなたが知っている「ナリヤラン」は模式種ナリヤランだろうか? それとも亜種や変種に属する個体群? 原産地はどこで、そこはどういう気候? 日本国内ではいくつもの系統がすべて「ナリヤラン」というラベルで区別されずに出回っているが、あなたの言う「ナリヤラン」はどのナリヤラン?

 どれか一鉢買い求めて育ててみても「そのサンプルはたまたまそういう性質だった」という経験が得られるにすぎない。それを普遍的なものだと思い込んでナリヤランの栽培解説をするのは、女性1人としか付き合った事の無い男が「女とはこういう生き物だ」と偉そうに語ってしまうくらい痛い行為である。

 知れば知るほど複雑怪奇なナリヤラン種群。その全体像を把握している人間は(管理人も含めて)日本国内には一人もいないと思う。

f:id:amitostigma:20201109150359j:plain

 上画像の花の姉妹株。こちらのほうが若干色が薄い。本土で鉢植え栽培する場合は、これぐらいコンパクトな系統のほうが扱いやすいと思う。しかし熱帯地域で花壇植えするなら、ある程度背丈が高いほうが雑草などに負けにくく育て易い。栽培地によって推奨できる系統が異なってくる事には注意が必要だろう。