Terrestrial orchids

Habenaria dentata 'Leafless'

Habenaria dentata 'Leafless form' ダイサギソウ変異個体「開花時葉無し」。 本土産(産地不明。鹿児島?)のダイサギソウの実生から選別された系統。未開花苗(下方に写っている株)は普通に葉があるが、開花球になると葉を出さずにいきなり花が咲く。 プ…

ネルビリア? それは栽培ではなく、ただの延命

單花脈葉蘭 (通称、台湾ムカゴサイシン)Nervilia taiwaniana seedlings , 2019 deflasking. 種子から育成した無菌培養実生。令和元年フラスコ出し、今年度初花。 関連記事はこちら。 「台湾ムカゴサイシン」は数十年前に台湾から少数が輸入され、たまたま栽…

「銀の丘」再始動

世界的に名を轟かせていた南アフリカのシードハンター、シルバーヒルシードの園主ご夫妻が盗賊の襲撃によって命を落とされた事件からすでに3年。 南アフリカの固有植物(固有蘭も含む)を一手に扱っていた貴重な業者もこれで活動停止か? と心配されていたが…

Habenaria hybrid

Habenaria ciliolaris X Hab. dentata. 台湾産のネバリサギソウと、ダイサギソウの交配種。 花傷みが激しい。鑑賞的にはとりたてて騒ぐような要素は無い。

オキイワチドリ(誤字ではない)

Amitostigma lepidum X Ami.keiskei オキナワチドリ大点花♀ X イワチドリ紅一点花♂ オキナワチドリとイワチドリを交配してみたらどう? などと冗談で言う方は時々いるが、花期が一致しづらいので開花調整しないと交配できない。そのため実際にやってみた方は…

あなたはナリヤランの事を知らない

Arundina hybrid 'alba' ナリヤラン種群間交配個体、3.5号鉢。小型個体群純白花と、おそらく亜種として分類されるであろう矮性濃色個体群の交配個体(後述)の種子から育てた第二世代。 端的に言うと(白X 赤)Xセルフ。 まあ鑑賞的にはそれほど悪くないと思…

日本産の野生ランを育てるのは犯罪です

こちらが法律で規制されている種類のリスト。 https://www.env.go.jp/nature/kisho/pamphlet/pdf/kokunaikisho.pdf 環境省は、絶滅が危惧されている種類をすべて追加指定していく方向で動いている。ラン科に関しては、最終的にほとんどの種類が該当種になる…

Calanthe X dominyi ?

in Orchid show 夏咲きエビネ系の何か。某所の蘭展示会にて。コロナウイルスの影響で、展示会というものが存続できるかどうか怪しい。 画像は俗に「琉球エビネ」という流通名で呼ばれている植物。花色が良いが耐暑性に乏しいオナガエビネと、耐暑性のあるツ…

Okinawan lacquerware

made in Okinawa island, Japan. 20C. 琉球漆器、堆錦(ついきん)飾り皿。 現在は生産されていない図案で、おそらく昭和期のものだと思われるが未鑑定。 東洋蘭であることは間違いないが、アバウトな絵柄なので種名はよく判らない。 葉が小さくて花が大きい…

Spiranthes sinensis var.sinensis

from Okinawa island, Japan ナンゴクネジバナ。沖縄本島では本土のネジバナと同様、芝生に生えている。一般的には花弁の先端のみがほんのり赤く染まる、いわゆる「口紅咲き」の個体が多いが、画像個体は比較的濃色で本土のネジバナとほとんど区別がつかない…

Amitostigma hybrid

Ponerorchis lepida X Shizhenia pinguicula オキナワチドリ X 中国大花チドリ。 某業者が販売している交配種。 以前は両親ともAmitostigma(旧イワチドリ属)だったが、現在はオキナワチドリはPonerorchis(ウチョウラン属)に統合され、学名もAmitostigma …

Habenaria fumistrata

from Thai. ハベナリア・フミストラータ。タイ産。詳細は下記(英語)参照。 日本国内ではほぼ販売しておらず、管理人は売っているのを一度しか見たことが無い。栽培不可能種なので、見かけても手を出さないように。 このランを「栽培できる」と言うのは、休…

Spiranthes sinensis var. sinensis?

from Kunigami village, Okinawa island, Japan. ナンゴクネジバナっぽい何か。沖縄本島国頭村、9月3日撮影。 画像だと純白花に見えるが、実物は花弁がうっすらとピンクに発色している。花序は無毛。 形態的にはナンゴクネジバナなのだが、ナンゴクネジバナ…

業務連絡:こういうのが咲くそうな

((サギソウ標準花 X 「八月(はづき)」) X シブリング)=実生「その1」 側花弁が唇弁化した「二蝶咲き」で距が2本ある。愕片は2枚のみ、唇弁が欠損している。花粉、柱頭、子房が退化しており結実しない。 こちらが祖父にあたる品種、「八月(はづき…

Habenaria unknown hybrid

probably, Pectabenaria Rapee Sagarik (Pecteilis susannae X Habenaria myriotricya=medusa) X Hab.?? ラベル間違いで入荷した正体不明のハベナリア(おそらく交配種ラピー・サガリク)が自然結実していたので試しに播いてみた実生個体。ハベナリア交配…

Paphiopedilum Leeanum?

in Okinawa island, Japan. 鉢植えのパフィオペディルム。沖縄本島中部にて。 パフィオは詳しくないので間違っていたらご指摘いただきたいが、交配種リーアナム(Paph.insigne X Paph.spicerianum)ではないかと思う。パフィオ最強健種と言われる、沖縄家庭園…

Arundina hybrid

Aru.chinensis form X graminifolia alba. ナリヤラン「雲南省矮性」×小型系統純白。 親個体については過去記事参照。 この個体はどちらかというと母親似。淡色×純白の実生のためか、セミアルバと言っても良い色調になった。 「ナリヤラン」は原産地が違うと…

Chloraea chrysantha in flask

seedlings クロラエア・クリサンタの無菌実生苗。気温が下がってきて夏期休眠から目覚めた。親個体については過去記事参照。 栽培・繁殖に関するデータはしっかり収集できたが、結論としてはこれも(管理人の基準では)栽培不可能種である。ネジバナのように…

ダイサギソウは栽培不可能(異論は認めない)

Habenaria dentata ’Hakuho-zhishi'(White Phoenix) from Okinawa island, Japan. ダイサギソウ「白鳳獅子」系。沖縄本島で見つかった変異系統。亡き師匠が発見者から譲り受けた個体がオリジンだそうで、管理人は師匠から種子を分けてもらって無菌培養で育成…

ハベナリアを栽培できない理由

Habenaria medusa from seed. ハベナリア・メドゥーサ(ミリオトリカ)。管理人実生個体。初めて入手したのは15年ほど前になるだろうか。それ以来実生で殖やしながら育て続けてきたが、結論としては自分には栽培不可能な植物だった。 まず第一に低温になると…

Pectabenaria 'Unregistered' F2

(Pecteilis radiata X Habenaria linearifolia) X Hab.linearilofia (サギソウ♀×オオミズトンボ♂)× オオミズトンボ♂ 当ブログで2016年に紹介した栽培場で、戻し交配によって作られた交配種。 sister plant 1 姉妹個体。交雑種の後代なので形質にはバラつき…

Spathoglottis hybrid

in Okinawa island, Japan. コウトウシラン系交配種。沖縄本島植栽。 コウトウシラン属は一年を通じて生長を続ける熱帯性地生蘭。20℃以下になると生長が止まり、長期間生長が止まっていると調子を崩して枯れてくる。 温度さえあればシラン並みに丈夫なので、…

in Japan Grand Prix International Orchid Festival 2018, Tokyo.

Amitostigma lepidum 'Zuisen' cultivated by Takahiro Yagame, Saitama pref. Japan. flowerpot make by Syunji Mituhashi, Tokyo,Japan. 知人による2018年、東京ドーム蘭展からのレポート。(掲載許可済) Yomiuri News, 18/02/2018. 読売新聞2018年2月18…

Amitostigma hybrid

Amitostigma lepidum X A.keiskei オキナワチドリ♀×イワチドリ♂。二枚葉であることを除けば、イワチドリと大差は無い。父親似なので交配が成立していることは推察できるが、これだと見た目に新鮮味が感じられない。 この交配は親和性が低く、受粉しても途中…

Malaxis purpurea

from Okinawa island, Japan. 沖縄本島産のオキナワヒメランという説明のもとに、知人から種子をもらったラン。無菌培養で育成して開花させた。沖縄には酷似したカンダヒメランM.kandaeというランもあると言われているが、ネットで検索してみてもオキナワと…

Nervilia nipponica propagation in flask

bloom in flask > autopollination > mature seeds > autocultivation 昨年12月に紹介した沖縄本島産ムカゴサイシンの続報。菌依存性が高く、鉢栽培は困難なのでフラスコから出さずに継代培養しているが、今年は5本が開花してそのうち1本が結実した。 鉢栽…

Stenoglottis hybrid.

Stenoglottis (longifolia X fimbriata)X self. 通称ムレチドリ。もともと「ムレチドリ」は南アフリカ固有種Stenoglottis longifoliaの和名だったようだが、最近では同属のSt.fimbriata(ウズラバムレチドリ)との交配種、およびその後代がムレチドリの商品…

Macodes petola

in Orchid Show. マコデス・ペトラ、和名ナンバンカゴメラン。(環境省資料ではナンバンカモメラン) 某蘭展にて撮影。 いわゆるジュエルオーキッドの一つ。画像では判りにくいが、実物は葉脈がキラキラと光を反射し金属感のあるパウダーゴールドに輝いてい…

Habenaria hybrid 'Unreported'(seeds)

continue from 01/08/2017 25 days after pollination 8月1日の記事の続き。 (ミズトンボ×オオミズトンボ)×セルフ、交配後25日目 seed pods 果実の拡大画像。 almost mature embryo of 25 days seeds 稔性チェックのため果実から取り出した種子、拡大画像…

Habenaria hybrid 'Unreported'

Habenaria sagittifera X Hab. linearifolia ミズトンボ♀ × オオミズトンボ♂ 人工交配個体。某植物園バックヤードにて撮影。仮称はチュウミズトンボ(笑) 花弁がミズトンボより白く、距の形状が両親の中間型。交雑していることはほぼ間違いない。しかし唇弁…