Scutellaria rubropunctata

from Amami island, Japan.

f:id:amitostigma:20190216092749j:plain

アカボシタツナミソウ、紅一点花風。奄美大島産。

アカボシタツナミソウは屋久島から沖縄本島にかけて分布する、琉球列島固有種。耐寒性があり、本土でも強く凍結させなければ屋外でも越冬する。花がそこそこ綺麗で栽培も容易だが、栄養状態が良いと50cmぐらいにまで育って間延びするため、園芸的にはほとんど利用されていない。花の斑紋には個体差があり、ほとんど紫点が無くて白花に近いものからベタ紫に近いものまでバリエーションに富む。しかし特定の産地だけ見ると自家結実種子で殖え広がった同一系の個体群であることが多いらしく、個体数があっても全部同じような花だったりする。

画像は奄美大島産の系統と聞いているが、ネットで画像検索してもあまり見かけない配色である。まあ、良く見ないと気がつかない程度の変異なので興味を持つ方も少ないとは思うが、こういう微細な違いをチェックするのがマニアというものなのである。

 

in Habitat, Okinawa island, Japan.

f:id:amitostigma:20190216095041j:plain

こちらは沖縄本島・東村で撮影した自生の標準的な個体。探せばいろいろなバリエーションがあるのだろうが、あまり本気で探したことがない。鑑賞的にはこちらのほうが上という気がしないでもない。