オキナワチドリの枯らし方(その1)

Amitostigma lepidum, unnamed seedling in 2018.

f:id:amitostigma:20180412150909j:plain

オキナワチドリ実生。

ネットを見ていると、オキナワチドリを育てている人はそこそこ見つかる。が、栽培情報を書いてくれている方があまり見当たらない。備忘録的に「枯らし方」をメモしておくことにする。

え、枯らし方?と思う方もおられるだろうが、育て方というものは栽培者の栽培環境によってそれぞれ最適解が異なる。違う環境の人が他人の育て方を表面だけ真似しても、総体的なバランス調整に失敗して枯らしてしまうことは珍しくない。

「これをやったら成功しました」は多くの場合、唯一無二の成功手段ではない。他にも成功につながる方法は探せば見つかるものだ。前述のように他人が下手に真似するとかえって痛い目を見る場合すらある。一方で「これをやったら失敗します」を無自覚にやらかした場合、栽培条件にかかわらず高率で致命的な結果になる。それゆえ現場では「これだけはやってはいけない」という禁忌事項を学習しておくほうが重要だと思っている。

1:弱った苗を買う

オキナワチドリの生育状況を観察してみると、当年の植物体は、球根に蓄積されている前年度の栄養分によって生長している、と考えるのが妥当のように思われる。(つまり当年に吸収・生産された栄養分は新球根に蓄積され、翌年になってから使用されている)

前年に劣悪な扱いをうけていた苗だと、新球根のサイズはある程度大きくなっていても、その内部は水分ばかりで栄養分が充分に蓄積されていない。そういう球根を植え付けると、どれほど良好な栽培をしても最低でも翌年まではまともな生育をしてくれない。虚弱な品種だと、一度衰弱させてしまうと順調に生育するようになるまで数年以上、回復に5年も6年もかかる事すら珍しくはない。

自分の作場における最適解を把握していない人が、弱った苗を入手してしまったら試行錯誤しているうちに枯れてしまう。適切に管理できたとしても、生きるでもなく枯れるでもなく・・という状態がいつまでもグズグズ続く。1年か2年で「これは駄目だ」と決めつけて、管理の手を抜けば枯死一直線だ。

山から掘ってきたばかりの苗を購入する、などというのは問題外。盗掘の是非とかいう問題以前に、苗の扱いが粗雑で商品として落第点のものが多い。特に沖縄本島産の野生個体は性質の虚弱なものが多い。自生地と栽培場では環境が異なるので適応させるのも容易ではない。栽培経験値の高い人でなければ翌年まで生かしておけるかどうかも疑問である。採取時に新球根がちぎれていたりしたら、栽培の達人でも回復させるのは無理だろう。

一方で充実した栽培球であれば、植えつけて真面目に灌水していればとりあえず花は咲く。そのあと充実した新球根ができているかどうかは栽培者の育て方しだい。翌年に「作上がり」してより大きな株になっていれば栽培成功。

しかし栽培状況が最適解からずれていた場合、分球して数は増えていても球根のサイズが小さくなっている。翌年の株のサイズも球根に見合った小型株になる。オキナワチドリの場合、栄養状態が悪くなっても着花数にはあまり変化がなく、全体の大きさだけがどんどん縮んでいく。「なんだか小さくなったけれど、このほうがかわいい♪ 花数も減ってないし問題なさそう♪」などと能天気なことを言っているうちに毎年衰弱が進んで、そのうち回復不能になる。

「最初の年はすごく元気だったし、増えてたから育て方は間違ってなかったはずなんだけど・・安心して気を抜いたせいで枯れたかな?」などと無自覚に語っている方をしばしば見かけるのだが、入手した年の生育は前年の養分を使っているので、生育状況と栽培者の栽培能力は比例していない。でっかいヒヤシンスの球根を買えば水栽培でも花が咲くが、それはあなたの栽培技術で咲かせた花なのか?

気を抜いた? 一体いつから ー 気を抜いていないと錯覚していた?

入手した年がピークであとはジリ貧、という状況でも、そういう育て方をしていることに気付いていない。「わーい花が咲いたよ~」と無邪気にインスタで報告。いやいやいやその育て方ではそのうち消滅します。それとも3年ぐらい咲いたらあとは枯れてもいいや、って考えの人ですか?

まあ、普通の人の「園芸」は花が終わったら捨ててしまう消費栽培なので、3年も生かしていれば、素人相手には十分に上級者面できる世界ではあるのだが。(続く)