Habenaria hybrid 'Unreported'(seeds)

continue from 01/08/2017

25 days after pollination

f:id:amitostigma:20170908163145j:plain

8月1日の記事の続き。

(ミズトンボ×オオミズトンボ)×セルフ、交配後25日目

 

seed pods

f:id:amitostigma:20170908163203j:plain

果実の拡大画像。

 

almost mature embryo of 25 days seeds

f:id:amitostigma:20170908163225j:plain

稔性チェックのため果実から取り出した種子、拡大画像。胚はほぼ成熟しており、稔性も良い。

 

・・・え?

・・・えええええええ????

稔性がある???

 

ハベナリア類の異種間交配種は、一般的に稔性がきわめて低い。

たとえばスズキサギソウ(ミズトンボ×サギソウ)は交配すれば果実は膨らむが、内部にできる種子はほとんど全部が無胚種子で、蒔いても発芽はしない。スズキサギソウを母体にして正常なサギソウの花粉を受粉させれば、非常に低い確率で発芽力のある種子が発生することもあるが、基本的にはほぼ完全不稔に近い。(スズキサギソウを花粉親にした場合は花粉の活性が低いためか、ほとんど受精しない)

ハベナリア・ロードケイラ種群内での交配のような、ごく近縁の交雑であれば稔性が保たれるが、それ以外のハベナリア種間交配種はほぼ不稔になる。自家受粉でも有胚種子ができるような高稔性の交雑種は管理人には心当たりが無い。

・・まあ普通の人の感覚では、種子ができたからって何が嬉しいの?と思うだろうが、この交配種の場合はちょっと背景が特殊だ。

ハベナリアは個体寿命が短いので実生更新できないと栽培維持は困難。だが日本国内のオオミズトンボは近親交配が進んでおり、限られた種親から増やされた増殖流通個体だけでは今後の世代更新を続けるのが絶望的な状況にある。しかし園芸的な視点だけを考えるなら、外見上オオミズトンボに見えるランであれば、実際には雑種であっても観賞的な面では問題ないのではないか? 虚弱で実生苗ができない純血ニオイエビネより、強健で実生の容易なニオイエビネ型コウズのほうが園芸的には優良ということはないか?(交雑は遺伝子汚染である、という意見は当然あると思っているし、安易に雑種を作ることに問題がないとは言わない。一目見て種間交配種と判るランを、珍しい山採り原種と偽って素人に高額で売りつけた事例が多数ある山野草業界が、洋蘭のような血統の記録管理などするとは思えない)

まあ、現状では何を語っても妄想にすぎない。とりあえずこの種子の育成について、本土の育苗業者と相談してみようと思う。