Habenaria hybrid 'Unreported'

Habenaria sagittifera X Hab. linearifolia

f:id:amitostigma:20170801092939j:plain

f:id:amitostigma:20170801092959j:plain

ミズトンボ♀ × オオミズトンボ♂

人工交配個体。某植物園バックヤードにて撮影。仮称はチュウミズトンボ(笑)

花弁がミズトンボより白く、距の形状が両親の中間型。交雑していることはほぼ間違いない。しかし唇弁はミズトンボによく似ており、全体としての印象はミズトンボに酷似している。珍品ではあると思うが、園芸的にはわざわざ作る意味がないように思う。

オオミズトンボはミズトンボと混生していることがあるので、自生地でも自然交雑していておかしくないのだが、印刷物になった発見報告をまだ見たことがない。

が、aoikesi氏のブログにおいて、オオミズトンボ自生地で撮影された、この交雑種と思われる野生個体の画像が公開されている。

zaonofumoto.blog107.fc2.com

 

in Habitat. Fukushima pref. Japan. 08/2016

Photo by Mr.aoikesi

f:id:amitostigma:20170801093014j:plain

上の画像はaoikesi氏のブログより引用させていただいた。形態は人工交配チュウミズトンボとほぼ同じに見える。おそらくこれが日本で唯一の公開された画像だろう。学会発表しても良いくらい貴重な記録であり、ハベナリア好きの管理人は参考資料として画像保存させていただくことにした。

今までも自然界で交雑個体が出現していると思うのだが、ミズトンボやオオミズトンボだと誤認され、存在を認識されていなかったのではなかろうか。現在ではオオミズトンボの自生地数・自生個体数が激減しているので、このような交雑個体が新規に出現する可能性は非常に低くなっていると思う。

人工交配個体の栽培者の話では、交雑種に稔性があるかどうかは未確認とのこと。しかしミズ・オオミズ混生地でも浸透交雑による雑種個体群が生じていないことから推察して、おそらく一代かぎりの不稔雑種だろうと予想している。