Chloraea bletioides

from Chile.

f:id:amitostigma:20170707094325j:plain

栽培するのが割に合わない蘭シリーズその3、クロラエア・ブレチオイデス。知人の栽培品で性質はクリサンタに準ずるとのこと。これも数年前に某業者が限定販売したランで、最近ではヤ〇オクにも出品があった。

今回紹介したクロラエア属の中では最も花が大きく、中輪シンビジウムぐらいの大きさ。かすかな香りはあるがほぼ無香。環境条件が良ければ一つの花が1ヶ月以上持つとのことで、切り花に使えそう。

観賞価値は低くないが、腐りやすくて折れやすく、順調に育ったとしても数年に一度しか咲かないようで園芸向きの植物とは言い難い。普通の人だと花が咲くまで育てるモチベーションが続かないかもしれない。