Amitostigma lepidum in Orchid Show.

オキナワチドリ「紅蜻蛉」。某所の洋蘭展にて。f:id:amitostigma:20170313155900j:plain

f:id:amitostigma:20170313155937j:plain

拝見させていただいて、少々驚いた。これを育てている方がいたのかと。

この「紅蜻蛉」という品種は、今は亡き師匠が20年ぐらい前(だったか、正確には記憶していない)頃に野生個体群から選別命名したもので、自生地はすでに消滅している。

師匠が増殖して本土の数名の趣味家に送ったようだが、見た目がやや地味で人気が低かったこと、性質があまり丈夫ではなく限られた人しか育てられなかったこと、などの理由からほとんど普及しなかった。発見されてから長く経っているが、栽培しているのは日本全国で、多く見ても10名ぐらいではないかと推測している。

管理人も所有しておらず、もしかしたら沖縄で栽培されているのはこの一鉢だけかもしれない。しかしまあ、普通の人は説明されなければ「たいした花ではないな」と素通りするのは間違いない。

しかしながらオキナワチドリは世界中で南西諸島にしか無い固有種。しかも画像のような唇弁の斑紋がはっきり目立つ「大点系」のオキナワチドリは沖縄本島以外ではほとんど見つかっていない。共感を得られるかどうかは別として、沖縄を代表する貴重な品種だと主張しても、それほど異論はないだろうと思う。

が、沖縄本島の自生地は近年になって急激に消失が進み、管理人が把握している限りでは大点系の自生地はどこも現存していない。いわゆる「並物」ですら10年後に確実に残っていそうな場所が見当たらない。おそらく近い将来、本島の個体群は絶滅するだろう。

現在、栽培下にある個体は沖縄個体群の貴重なサンプルとして保存していくことが望ましい。が、実情としては保存栽培に興味を持っている趣味家は皆無に近く、植物園などでも、栽培に労力を必要とする地生蘭類を保全する余力のある施設は無い。

ナゴランのように活着してしまえば放任しても生きている、というものであれば栽培個体だけでも残していくことができるのだろうが、オキナワチドリに関してはどうにもならない。消えていく最後の時を、せめて記録に残していくことしかできそうもない。