読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amitostigma lepidum 'Hakuba'

Amitostigma lepidum

'Hakuba'

from Amami island, Japan.

f:id:amitostigma:20160326105503j:plain

オキナワチドリ「白馬」。昭和60年発刊の「野生ラン変異事典」(栃の葉書房)で初発表された、オキナワチドリ最古参品種の一つ。昭和50年代末に奄美大島で発見されたと伝わっており、30年以上も前から栽培されていることになる。

業者の通販リストなどに何度も載っているが、性質がやや弱く(といっても沖縄本島産の標準的野生個体よりも丈夫なのだが)ほとんどの栽培者は入手しても絶やしてしまっているようだ。

オキナワチドリの栽培に技術的な難しさはないのだが、手抜きができず面倒くさいので、特別な思い入れが無いと真面目に世話をするモチベーションが続かないのだろう。

 

outcross seedling of 'Hakuba'

f:id:amitostigma:20160326105514j:plain

「白馬」系の実生後代。一般栽培家は色だけに注目して、それ以外の差異にはあまり興味を持たない。花の大きさも多少の違い程度だと気付きもしないし、花型などはほぼ眼中に無い。白花の場合これ以上は色をいじりようが無いので、現在は交配育種を中止している。