読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amitostigma lepidum 'Spotless form'

not alba. 

f:id:amitostigma:20160125111556j:plain

オキナワチドリ酔白無点。(酔白:すいはく=お酒に酔ったようにほんのりピンク色、という意味の園芸用語。ピンク色に見えないぐらい色の薄い花のこと)。

地色の白っぽい個体を選別交配して色抜きした系統。

 

f:id:amitostigma:20160125111825j:plain

純白花ではないので花粉は黒っぽい。白猫はアルビノ猫ではないので眼は赤くない、みたいな感じ。(正確には白猫はW因子=優性白色遺伝子による単因子遺伝なので、多因子形質の酔白花とは別物。遺伝形式がまったく異なる)

 

alba form seedling.

f:id:amitostigma:20160125152135j:plain

比較のため純白花。花粉の色素が抜けて黄色くなる。

酔白花と純白花を区別せず、一括して白花と言っている人もたまに見かける。観賞的にはどちらでも似たようなものなので、一般趣味家はそれで良いのかもしれない。

しかし交配育種する場合は厳密に区別しておく必要がある。酔白と純白はそれぞれ異なる遺伝子によって出現するので、両者を交配するとお互いの特徴を打ち消しあって「普通の花」に戻ってしまうからだ。実際にはまずありえない特例個体同士の交配に限られるけれど、純白×酔白無点=全個体「紅一点」、というような極端な結果になることも理屈の上ではありうる。