読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amitostigma lepidum 'narrow lip form'

Amitostigma lepidum

seedling.

f:id:amitostigma:20160114145112j:plain

オキナワチドリ実生。この育種ラインでは斑紋形質などは多少いじっているが、花型は野生標準花からあまり離れないように世代更新を重ねている。

途中過程で「葉が傷みやすい」「生育が遅い」「草丈が間延びする」「肥料負けしやすい」「増殖率が悪い」など、栽培管理に不適な個体はできるだけ排除して、育て易い個体を残していくようにしている。外見は野生生物でも良いのだが、性質まで野生のままであれば人間の管理下では生きづらい。野にあるものは野に置いて、人間のほうが会いに行くのが正しい付き合い方なのだろう。

とはいえ沖縄本島では野山そのものがものすごい勢いで無くなっているので、野に置いたままだと二度と会えなくなることもよくあるのだが。