読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tubers of Amitostigma pinguiculum.

2nd Years tubers of flask propagation.

f:id:amitostigma:20151221112118j:plain

中国大花チドリ。異株交配実生、無菌培養2年目。生育が遅いので発芽してから2サイクル培養しないとフラスコから出せる大きさにならない。

 

1 Year after deflask. harvested 91 small tubers. select big tubers and cultivate next year.

f:id:amitostigma:20151221112128j:plain

ビン出しして1年。小さい苗でも分球して多数の新球根が得られるが、ほとんどが米粒大以下。ビン出しした時よりも大きくなっている球根はそれほど多くない。全部を育てる余裕は無いので心を鬼にして整理する。

捨てるぐらいなら誰かに進呈すれば?とか気楽に言ってくださる方がおられる。それをすると雨避けもせず消毒もせず植え替えせず温度調整せず肥料もやらず屋外に放り出しておいて衰弱死させた 方が、「難しくて駄目だったわー」とかヘラヘラ笑いながら、悪気など微塵もないまま、聞いただけで気分の悪くなる虐待過程を、おかげさまで楽しめましたと言いながらわざわざ報告に来てくださる。それも一人や二人でなく、ご自分の栽培状況に無自覚な方のほうが主流派だったと判明する。説明しても人の話を聞かずに勝手な育て方をして、まさかできないとは思わなかったと言って笑う。・・あの精神的苦痛を繰り返すぐらいなら自分の責任で処分したほうがましである。

上手な人だけ選んで渡せって?・・きちんと管理するタイプの人は、ラン科などという面倒なものはよほどの事がなければ新規に育てようとしない。経験上、自分から育てたがる人はほぼ例外なく以下略。

 

2 Years after deflask.

f:id:amitostigma:20151221112141j:plain

フラスコ出しして2年目。大花チドリは花付きが悪く、ウチョウランのLサイズ球根ぐらいになっても1花しか咲かないか、葉だけで花が咲かないことも珍しくない。

 

mature tubers.

f:id:amitostigma:20151221112152j:plain

これぐらいのサイズになればだいたい咲くが、性質がデリケートで栽培は楽ではない。関東以北では自然気温で問題ないようだが、当地では夏の暑さがきびしくなると落葉休眠してしまうので球根が肥大しにくい。秋に2ヶ月ほど冷蔵庫内で冷やして休眠打破し、冬のうちに発芽生長させて生育期を長く保つようにすると順調に育つ。