Phyllanthus leptoclados

from Okinawa island, Japan.

f:id:amitostigma:20151029113739j:plain

ハナコミカンボク。沖縄島のきわめて限定した場所に自生する超珍種の低木。以前、自生が見たくて探しに行ったが、案内人がいなかったので見つけきれずスゴスゴと退散してきた。画像は沖縄の愛好家からもらった苗から採種実生した個体。

画像は開花中だが、花が小さすぎて見ても判らない。しかも草姿は、いわゆる雑草のコミカンソウと酷似している。知らない人には抜いて捨てられてしまう。

どう見ても観賞価値がある植物ではないのだが、なぜか隠れたファンがいるらしく、かなり稀ではあるが苗の販売も見かける。自生地は植物採取禁止なので苗が売っているのはおかしな話だが、実生が容易なので採種してきて栽培増殖されているようだ。ちなみに自生個体はサンゴ石灰岩に根が食い込んでいて、盗掘しようとしても物理的に無理らしい。

 

f:id:amitostigma:20151029113752j:plain

葉の拡大像。葉の下に小さい花がぶらさがっている。上から見ても咲いていることに気づかない。

 

f:id:amitostigma:20151029113814j:plain

雌雄異花。葉の先端に数輪の雌花が咲いて結実する。管理人の栽培棚では、虫のこない室内でも、生育適温下であれば特に交配しなくても種子ができている。

 

f:id:amitostigma:20151029113822j:plain

下から見た雄花。アップで見るとなかなか美しいが、実物はケシ粒大。老眼だと咲いているのかどうかよく見えない。

一応は樹木ということになっているが、個体寿命は短いようだ。成木になって数年経過し、だいぶ老成してきたと思っているとあっさり枯れる。園芸上は短命な多年草と考えるのが妥当。こぼれた種子から勝手に苗が育ってくるような植物なので、きちんと次世代を育てていけば系統維持はそれほど苦労しない。ただし移植を好まず、なるべく根をいじらないように育てていくほうが失敗が少ない。こぼれ種を移植するのではなく、鉢にきちんと播いて育てていくほうが成績が良い。また周年生長型で寒さが苦手。沖縄でも冬になると葉がバラバラ落ちて調子を崩す。冬の長い本土だと、温室に入れて15℃程度にキープしておかないと春までに力つきてしまうそうだ。