読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Habenaria hybrid

Habenaria medioflexa X Hab. dentata 'Hakuho-Jishi' 

f:id:amitostigma:20151027094217j:plain

タイ産のハベナリア・メディオフレクサに沖縄本島ダイサギソウ獅子咲き(「白鳳獅子」系統)を交配したもの。

当ブログに「ハベナリアの栽培」で検索して来る方が時々おられるので、栽培のポイントをあらためて書いておく。

その前に一つクエスチョン。シランがマイナス5℃まで耐えるとする。一年のうち8ヶ月は平均気温10℃以下、15℃以上になる季節は2ヶ月しかない北極圏の住人が、最低温度マイナス5℃の「温室」を用意した。さて、シランは元気に育ってくれるだろうか?

熱帯産、かつ生育サイクルが一年周期の植物を日本で育てると、それと同じ状況になる。要するに一年の大部分の間、自然気温以上に加温しないと正常な生育は望めない。充実した球根を植えつければ一年目はよく育って開花もするし、数年ぐらいは育つこともあるだろう。しかし毎年痩せてそのうち枯れてしまう育て方を「栽培」と言うのかどうか。

東南アジア産のハベナリアの場合、28℃以上の温度で半年以上が基準。栽培書には冬期に最低10℃を保つ、とか書いてあるが、それは耐寒限度で、まともに栽培できる温度では無い。できれば休眠中でも20℃以上が望ましい。低温越冬だと翌春の芽出しが遅れて生育が年ごとに悪化する。

まあ生物には例外も多いので、分布域が広い種類だと、分布中心のものは育てられなくても北限(南限)の個体群だと特別な設備が無くても栽培できる事もある。しかし寒さで枯れなくても、ハベナリアは頑健さに欠け、分球率が低く、ウイルス耐性も乏しい。それらをクリアしていく対策も無いわけではないが、その成果は必要となるコストや労力に見合うのか。言い方を変えれば、そこまでして育てたいですか?

さんざん育ててみた上での結論。ハベナリアは本質的に栽培に向いていない。