Spiranthes aff.cernua

from North America.

f:id:amitostigma:20151023102212j:plain

北米産白花ネジバナ。画像個体は30年以上前にアクアリウム素材として国内導入されたもの。

日本のネジバナは個体寿命が短く、数年連続して開花すると腐って枯れてしまう事が多い。(斑入り品種などをベテランが細心の注意をはらって維持している例外的事例も無くはない。また親株が枯れても、種子が発芽しやすくそのへんで雑草化したりするので系統維持は難しくない)一方で北米種の中には丈夫で長生きする系統「も」あるようだ。

北米産ネジバナはさまざまなルートで繰り返し輸入されているが、入荷するたびに植物体の大きさや花弁の形、香りの有無、葉の形、増殖率などが微妙に異なる。栽培してみると異様に巨大化したり、花の咲く時期が違っていたり、国産ネジバナ並みに短命なものもあったりして、少なくとも園芸上は同じ種類として扱うには無理がある。北米には複数種が分布しているようだが、花の色が全部同じなので、ネットで画像検索して調べても管理人には見分けがつかない。(そもそもネット情報だと正確に種名同定されているかどうか疑問)日本に輸入されている系統群が同一種内の変異の範疇なのか、あるいは別種として分類すべきものなのか皆目判らない。

画像系統はアクアリウムプランツとして入荷した系統だけに過湿に強い。水中に沈めても(生育は極端に悪くなるが)枯れないぐらいなので、腰水で管理して問題ない。ただ、一定水深の腰水で管理していると、鉢内の特定の深さで根が横にトグロを巻くようになる。好みの水分条件は実はかなり狭いらしい。

丈夫な系統だと盛んに栄養繁殖するので、趣味家同士で株分けしあって維持されている場合「も」ある。しかし人気がそれほど高い植物ではないので、普及はしていない。理屈から言って古い系統ほど栽培維持が容易な優良個体のはずだが、同じにしか見えない植物が通販などで購入できるので、昔の系統を探して入手しようとする人はほとんどいないらしい。

ちなみに寒さにはそれほど強くないようで、本土では霜に当てないように室内保護が必要になるようだ。