Habenaria ciliolaris

from Taiwan.

f:id:amitostigma:20150917104439j:plain

玉蜂蘭。ネバリサギソウという和名があるが、粘ったり根が張るような性質はなく、名前の由来はよくわからない。

台湾の高地に自生し、寒さにはそれほど弱くないが、やや暑がる。そのため沖縄では栽培が難しい。この種に関してはむしろ本土のほうが栽培適地と思われる。

過去に何度か輸入販売されたが、増殖普及させた人はおらず、輸入が途絶えるとともに姿を消してしまった。