lacquerware of Phalaenopsis japonica

antique from Ryukyu Kingdum, Okinawa island. 19C.

f:id:amitostigma:20150831094013j:plain

琉球漆器、朱塗名護蘭堆錦盆。大正時代頃?

当時はナゴランの図柄の製品を量産していた工房があったようで、骨董商などでナゴランをモチーフにしたさまざまな製品を見かける。ただし保存の良いものはマニアの秘蔵品になっているらしく、販売品には劣化の激しいものしか見たことがない。

ちなみに現在では、野生蘭を題材にした琉球漆器はまったく作られていないようだ。