Bletundina 'Miyako-shirayuki'

Bletilla striata X Arundina bambsifolia(graminifolia) propagate by Mr.Y.U@Miyazaki pref., Japan. ナリヤシラン「都白雪」。宮崎の業者さんの作出品で、シランとナリヤランの交配種。 シランの属間交配種と言われるものの中には、単為発生由来と思われ…

Bidens pilosa var. radiata

from Tropic America. in Okinawa island. タチアワユキセンダングサ。コセンダングサ亜種群の中で、特に花弁の大きいタイプ。オオバナセンダングサともいう。沖縄では最もありふれた雑草の一つで、空き地や荒れ地があれば所かまわず生えまくっている。 もと…

Scutellaria rubropunctata

from Okinawa island, Japan. アカボシタツナミソウ。屋久島から沖縄諸島まで分布する南西諸島の固有種・・なのだが、屋久島と奄美と沖縄本島の個体では微妙に違いがあるようで、DNA解析してみないと同種の範疇かどうか断定しかねるという話もある。今後の研…

Arundina graminifolia

seedling. ナリヤラン実生初花。花弁が平開し、淡色で上品な色合い。

Calanthe discolor var. kanashiroi.

from Okinawa island. カツウダケエビネ。ジエビネの南方変種で、外見的にはジエビネと大差が無い。耐寒性が高くないので、冬に凍結する地域では屋外越冬できない模様。 一般には花に香りがあるとされている。しかし香気成分が特殊らしく、人によって匂いの…

Rhododendron scabrum

in Okinawa island, Japan. ケラマツツジ八重咲き。沖縄本島植栽。 本島南部はアルカリ土壌なので、酸性土壌を好むツツジ類の植栽には適していない。そのため那覇の市街地などではツツジをあまり見かけない。本島北部の酸性土壌地域だとまとまって植えられて…

Microtis unifolia

from Nursery. ニラバラン。「外国産の珍しい地生蘭の球根」として某業者に入荷したもの。どんな花だろう?とワクワクしながら育ててみたらこれだった。 ニラバランは南方系の冬緑性地生蘭で、九州以北ではきわめて稀。日本では15の都道府県で絶滅危惧種リス…

Amitostigma lepidum 'Unnamed'

seedling. オキナワチドリ連舌個体。

Ixeris debilis ?

in Habitat. Okinawa island, Japan. 沖縄本島、東村の海岸にて。オオジシバリだと思うが、専門外なので確定しかねる。沖縄にはアツバジシバリIxeris debilis var liukiuensisと呼ばれるタイプもあるようだし、個体群によって染色体数が違っている場合もある…

Amitostigma lepidum

abnormal flower. オキナワチドリ実生。普通の花と微妙に違う。(笑) 一過性の変異で固定はしていないと思うが、仮に毎年同じ花が咲くとしても観賞価値にほとんど影響しない。というか写真を撮って拡大しないと気がつかない。そもそも普通の人だと、どのへ…

Arisaema ringens

in Habitat. Okinawa island, Japan. リュウキュウムサシアブミ。学術的には本土産ムサシアブミと同一種とされており区別していない。しかし本土~九州の個体群は花(仏炎苞)の一部が黒紫色だが、奄美大島~台湾の個体群は(内側の部分には黒縞があるが)外…

Bletilla formosana

from Taiwan. アマナラン。知人から株分けしてもらった花色が比較的濃い系統で、赤花アマナランという名前で売られていたとか。 昨日のチャボシランの親は、こういう感じの花であるらしい。画像の花をシランと交配すると花色はほぼ同じものができるそうだ。…

Bletilla hybrid.

from Nursery of Japan. シラン系交配種、通称チャボシラン。ガーデンセンターで購入した。シランBletilla striataとアマナランBle.formosanaの交配種と思われるが、シラン系の交配種はどこでも交配記録をつけずに販売されているので、両親がどんなランなの…

Diuris alba

from Australia. ディウリス・アルバ。白花変種ではなく、そういう学名の基本種。 オーストラリア原産の冬緑性地生蘭で、某業者からまとめて購入した。 こちらは唇弁の斑紋が少ないタイプ。側愕片が長い。 こちらは唇弁が全体に染まるタイプ。側萼片が比較的…

Raphanus sativus

in Okinawa island, Japan. ハマダイコン。日本全国の海岸で見られる野生、というか野良ダイコン。北海道でも沖縄でも普通に野生化しているのだから、どれだけ丈夫なのかと。 ダイコンの原産地は地中海沿岸らしいが、4000年以上前の古代エジプトですでに食用…

Bletilla sp.

from China. 中国産の「小白笈」の一種。黄花小白笈Bletilla ochracea と 白花小白笈 Ble.formosanaの交雑種ではないかと思う。Bletilla属は日本の春咲きエビネと同様、混生地域では複雑に交雑しまくっているので、DNA解析でもしてみないとどの種類が混ざっ…

Amitostigma lepidum 'alba form'

seedling. オキナワチドリ実生。ちょっと緑っぽい。 緑色の発色と赤・紫系の発色には異なる遺伝子が働いているので、どちらか一方の色調のみを強調する育種が可能。理屈の上では純白&緑覆輪花とか造れるはずだが、時間がかかるのに需要は少ないので採算がと…

Bletilla striata

in Okinawa island, Japan. ガーデンセンターの販売品。見ての通り普通のシラン。 が、沖縄ではどこで見てもシランの草丈が低く、時にはダルマシランと呼びたくなるぐらい背の低いものも見かける。本土のものとは系統が違うのかと思っていたが、本土の卸問屋…

Kalanchoe integra

from Okinawa island, Japan. 沖縄産リュウキュウベンケイ。園芸店でおなじみのカランコエの仲間。東南アジア各国に分布するというが、海外の画像を見ると個体群によってかなりの形態差がある。沖縄のものと同種として良いのかどうか、今後の研究に期待した…

Dendorobium okinawense

Endemic in Okinawa island, Japan. オキナワセッコク。沖縄本島北部に自生するセッコクで、茎の長さが60cmを超える。花色はどの個体でもほぼ白一色だが、花型にはかなりの個体差がある。花径の大きいものと小さいものでは倍ぐらいの差があるし、花弁が乱…

Viola stoloniflora

from Okinawa island, Japan. 沖縄本島産オリヅルスミレ。野生では絶滅(ただし同種とも言われる類似個体が再発見されている)で、発見グループにたまたま栽培上級者がいたことで増殖維持された。学者先生だったら押し葉標本にして終了だったろうし、育てた…

Viola yedoensis var. pseudo-japonica

in Habitat. Okinawa island, Japan. リュウキュウコスミレ。ノジスミレの南方亜種。ノジスミレ亜種群は本州以南、沖縄から中国、朝鮮半島、台湾、フィリピン、東南アジアからインドまで広域に分布する。沖縄では最も普通に見られるスミレで、市街地や公園、…

Amitostigma lepidum 'Honoo'

from Okinawa island, Japan. オキナワチドリ「炎」(ほのお)。沖縄本島、東村・川田地区で20年以上前に発見されたと伝えられる。現在の自生地は植生遷移でオキナワチドリが消滅しており、大点花どころか並花一本も見つけることはできない。 野生由来の旧銘…

Melothria liukiuensis

in Habitat, Okinawa island, Japan. クロミノオキナワスズメウリ。雌雄異株で画像は雄花。 赤い実の成るオキナワスズメウリはいつのまにかガーデンセンターなどで普通に売られる植物になっているが、こちらは実がオリーブの色(オリーブグリーン~淡黒紫色…

Pterygodium alatum

from South Africa. プテリゴディウム・アラツム。南アフリカ産の冬緑性地生蘭。某業者からPterigodium catholicumの種子として購入したものを無菌培養したらこの花だった。 Pte.catholicumはきわめて少数だが国内で苗が販売されたことがあり、栽培難易度は…

Amitostigma lepidum 'Hakuba'

'Hakuba' from Amami island, Japan. オキナワチドリ「白馬」。昭和60年発刊の「野生ラン変異事典」(栃の葉書房)で初発表された、オキナワチドリ最古参品種の一つ。昭和50年代末に奄美大島で発見されたと伝わっており、30年以上も前から栽培されていること…

Amitostigma lepidum

seedling. オキナワチドリ実生。花弁が濃色で、こういう花は探してもほとんど見つからない。育種親として使えば面白い結果を出せるだろう。 とはいえ花色や花型の遺伝には多数の遺伝子が関与するので、交配育種にはものすごく時間がかかる。管理人には実際に…

Lysimachia mauritiana

in Habitat. Higashi village, Okinawa island, Japan. ハマボッス。沖縄本島・東村にて。 サクラソウ科オカトラノオ属の越年草。北海道から沖縄、アジアから太平洋諸国までの海岸に広く分布しており沖縄固有の植物ではない ・・と考えられていたのだが、近…

Amitostigma lepidum 'Unnamed'

seedling. オキナワチドリ実生。細弁狙い交配ラインから得られた。なかなか面白い感じだが、残念ながら染色体異常だったようでほぼ不稔。育種親としては使用できないので損種実験体部隊に編入。

Amitostigma lepidum 'Narrow lip form'

seedling. オキナワチドリ細弁花。昨日の花と交配するとどういう子供になるか。おそらく並花になるだろうが、そこから再度交配して形質分離させていけば大輪細花が ・・10年以上かかるかな(ため息)

Amitostigma lepidum 'Unnamed'

seedling. オキナワチドリ実生。円弁ばかりでは飽きてくるので、細弁を目指して選別中。

Prunus sp.

Scientific name undescribed. from Kumejima island, Okinawa pref. Japan. クメノサクラ。琉球王朝時代に沖縄・久米島の士族が庭園に植栽して楽しんでいたという地域ローカル樹木。遺伝子解析ではツクシザクラ(ヤマザクラ九州亜種)に近いらしい。沖縄原…

Zeuxine strateumatica f. rupicola.

in Habitat. Okinawa island, Japan. チクシキヌラン、沖縄本島にて。 唇弁の先が丸くて2裂するものをキヌラン、尖るものをチクシキヌランとして分類するそうだが、両者が混生していたり中間タイプがあったりするのでよく判らない。 生活史は腐生蘭に近い。…

Amitostigma lepidum 'Spotless form'

'Miyarabi' from Okinawa island. オキナワチドリ「美童」(みやらび)。品種名は琉球語で「美しき乙女」を意味する。亡き師匠が20年以上前に選別した品種。性質が弱く、人気のある品種でもないので管理人以外に今でも栽培している方がいるか不明。 栽培環境…

Tabebuia impetiginosa

from Brasil. in Okinawa island. モモイロイッペー。ノウゼンカズラ科の落葉高木で、ブラジルの国花。和名は南米原住民のトゥピー語で「皮の厚い木」を意味するイッペー(に由来するポルトガル語、イペー・ホッショIpe-roxo)から来ている、とグーグル先生…

Amitostigma lepidum 'Unnamed'

seedling. オキナワチドリ無銘円弁。「国頭の誉」のF4世代実生。画像個体と同一クローンが5年ほど前から流通しているのだが、園芸誌などで紹介されている事例はまだ見たことがない。 大輪系統は適当に育てていると標準花と大差の無い大きさに縮んでしまう。…

Ranunculus extorris var. lutchuensis

in Habitat. Okinawa island,Japan. ヤエリュウキュウヒキノカサ。沖縄本島の自生地にて。 以前にも何度か紹介しているが、沖縄諸島特産の冬緑性の多年草。水田のあぜ道のように、大型草本が無く適度に表土が攪乱される環境に自生する。かつては農村で普通に…

Habenaria hybrid

Habenaria (medusa X dentata) X rhodocheila. ハベナリアの三元交雑種。ハベナリアは別種との交配親和性が低いので、交雑種は不稔になることが多い。少しは稔性があって次世代以降ができたとしても、画像のような遺伝子異常と思われる変な花になったりする。…

Traditional Sweets of Ryukyu Kingdom

'Kippan' This sweets made from Citrus keraji var kabuchii 's fruit. 知人からの土産。琉球王国伝承菓子・橘餅(きっぱん)。 沖縄在来の柑橘類、カーブチーの実を練り固めて砂糖衣をかけたもの。300年ほど前から作られていると言われる古い歴史のお菓子…

Amitostigma lepidum 'White flower with Blotch'

'Saotome' from Tokunoshima island, Kagoshima pref. Japan. オキナワチドリ「早乙女」(さおとめ)。伝・徳之島産の純白紫点花、花粉塊は黄色。遺伝形式はウチョウランやイワチドリの純白紫点花と同じ。(単遺伝子変異、劣性遺伝) オキナワチドリの純白紫…

Solandra maxima

from Mexico. ウコンラッパバナ(鬱金喇叭花)。中南米原産、ナス科の半ツル性樹木。大型で低温耐性に欠けるため、本土では植物園の温室などでしか見られないようだ。沖縄だと屋外で普通に育つのであちこちに植栽されている。 地面に落ちた花。人間の顔ぐら…

Amitostigma lepidum 'Spotless form'

seedling. オキナワチドリ無点花。 この花の持つ「個性」を引き出せれば・・。手法として難しい部分はないが時間がかかる。そして管理人に残された時間はそれほど長くない。

Cosmos bipinnatus cav.

Yesterday, in garden center at Okinawa island. 桜を見たあとガーデンセンターで買い物。今の季節の花、コスモスがポット植えで売られていた。 沖縄では普通ですが何か?

Prunus campanulata

Okinawa island, Japan. ヒカンザクラ(緋寒桜)。ヒガンザクラ(彼岸桜)と混同しやすいのでカンヒザクラ(寒緋桜)と呼ばれることが多い。沖縄本島で単に「サクラ」と言えばソメイヨシノではなく、この花のこと。ソメイヨシノのような単一クローンではなく…

Amitostigma lepidum

seedling. オキナワチドリ実生、小輪花。 オキナワチドリはものすごく個体差の多いランだが、選別増殖して個体名をつけて普及させていた趣味家がほとんど全部引退してしまったので、新規に個体名付きで紹介される選別品種がほとんど無くなってしまった。 そ…

Amitostigma lepidum

seedling. オキナワチドリ実生。これも現在の基準では並花以上、銘品未満。 この程度の花であれば、まとめ売りされている実生生産品の中にたまに混じっている。ウチョウランやイワチドリに比べると値段も安いので「混じり抜き」して増殖すると面白い。

Amitostigma pinguiculum

from China. 通称、中国大花チドリ。以前から何回もブログに登場しているが、酷暑が続くと落葉休眠してしまう半夏眠性の地生蘭。沖縄だとさすがに気温が高すぎて、普通に栽培するのは難しい。秋から冷蔵庫に入れて低温処理し、冬のうちに外に出して開花させ…

Anagallis foemina

in habitat. Okinawa island, Japan. ルリハコベ。南方系の一年草。本土でも暖流の流れる海岸沿い地域で見られるようだが、一般的な感覚では鹿児島県以南の花。 沖縄本島だと路傍のありふれた雑草。画像は駐車場の隅の敷石の中に生えていたものだが、黙って…

Amitostigma lepidum 'Langley'

seedling. オキナワチドリ大点花・斑入り。 最近販売されるようになった品種。品種名は太平洋戦争で沖縄攻撃に参加したアメリカ海軍の航空母艦 USS Langley(CVL -27)に由来しているらしいが、どういう関連があるのか詳細は不明。 葉だけ見ると旧銘品の「沖の…

Amitostigma lepidum 'Kunjyan-no-Hikari'

wild correct in Higashi village, Okinawa island, Japan. オキナワチドリ「国頭の晃」(くんじゃんのひかり)。これも師匠の選別個体の一つで、昨日紹介の「国頭の誉」と同じ場所で採集された姉妹品種。 花のアップ。野生由来としてはトップクラスの大輪花…