読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

in International Orchid Festival / Japan Grand Prix, Tokyo.

monthly 'Horticulture of Japan' 04/2017 月刊「園芸JAPAN」(エスプレス・メディア出版)2017年4月号を購入。2月に開催された東京ドーム蘭展の速報記事に、オキナワチドリが日本の蘭部門で入賞したと書いてあった。 連載「寝ても覚めても羽蝶蘭」では、番…

Zizyphus mauritiana

Indian Jujube fruits, cultivate in Okinawa island, Japan. delicious. インドナツメ。インド原産の果樹で、最近になって沖縄で栽培されはじめた。生産量はまだ少ないようで、観光客の来る土産物店の高級フルーツ売り場などでしか見かけない。けっこう良い…

Amitostigma lepidum in Orchid Show.

オキナワチドリ「紅蜻蛉」。某所の洋蘭展にて。 拝見させていただいて、少々驚いた。これを育てている方がいたのかと。 この「紅蜻蛉」という品種は、今は亡き師匠が20年ぐらい前(だったか、正確には記憶していない)頃に野生個体群から選別命名したもので…

Amitostigma lepidum

Wild form, Okinawa island, Japan. オキナワチドリ沖縄本島型。研究者の方から標本用サンプルを分けてもらったもの。 画像個体の自生地点はかなり荒廃していて、数える程度の個体数しか無いらしい。近交弱勢が進んでいるのか性質は非常に虚弱。3年間育てて…

Amitostigma lepidum 'blotch form'

seedling. オキナワチドリ実生。 最近は業者が販売している大点花実生の混合ポット苗の中に、この程度の個体が普通に混じっている。一昔前であれば命名品種になっていたと思うが、現在の基準では名も無い実生の一つにすぎない。 しつこく何度も書いているが…

Amitostigma lepidum 'Narrow lip'

seedling. オキナワチドリ細弁花実生。選別交配を重ねて意図的に唇弁を細くした系統。前回(1月24日)の個体と出発点は同じだが、あちらは唇弁を豊かにする方向で選別を重ねたもので、こちらは反対方向に育種を進めてみた。 イワチドリでは細弁で純白・無点…

Amitostigma lepidum

seedling. オキナワチドリの開花が始まった。画像はイワチドリに似た個体。 高温期が長い沖縄では、いわゆるチドリ類はほとんどすべて栽培できない。それゆえ沖縄でも育てられるオキナワチドリの存在価値は高い・・と思っていたのだが、小型野生蘭の栽培経験…

Viola utchinensis

from Okinawa island, Japan. オキナワスミレ、学名ウチネンシス。ウチナー(沖縄の現地発音)本島の一部地域のみに局所分布する希少種。自生地は崖地で、管理人のように足元の危なくなった年寄りだと、案内人に手を引いていてもらわないと足をふみはずして…

Nervilia nipponica

from Okinawa island, Japan. in flask propagation. 沖縄本島産ムカゴサイシン、フラスコ実生。某研究者が研究材料として採集してきた果実を強奪し、サヤの中に入っていた種子を培養したもの。 bloom in flask. フラスコ内での開花。沖縄本島には「ムカゴサ…

Amitostigma hybrid.

Amitostigma lepidum X Ami.pinguiculum. オキナワチドリ大点花(冬緑性) × 中国大花チドリ(春~夏生育型)。昨年の画像と別個体。 この個体の出芽時期はオキナワチドリとほぼ同時期(個体によって差があり一斉には咲かない)だったが、出芽後にすぐ開花す…

Habenaria rhodocheila complex hybrid.

Hab.rhodocheila complex 'Small Flower' X (aff.militaris X (rhodocheila X other rhodocheila)) ハベナリア・ロドケイラ種群内、4系統を使った交配個体。丈夫で分球率の高い小輪個体に、比較的花色の良い個体をかけてみた。花型はあまり良くないが、花色…

Utricularia exoleta

from Okinawa island, Japan. ミカワタヌキモ。沖縄本島中部の保全湿地のもの。 ミカワタヌキモは沖縄県レッドデータでは絶滅危惧Ⅱ類の希少種。特に沖縄本島では湿地そのものが開発でほぼ消滅しているので、湿地性植物を見られる場所がものすごく少ない。知…

Flowerpot of Okinawa.

By N. Kobashigawa@Okinawa pref, Japan. 沖縄本島・壷屋の永〇窯で作られた山野草鉢。口径(鍔を入れて)105㎜、内径80㎜。描いてある魚は錦鯉のような色だが、背びれが2枚あるので沖縄産海水魚のハタかもしれない。 作者はシーサー作りの名工として知られ…

Habenaria Jiaho Yellow Bird

Habenaria rhodocheila(orange) X Hab.medusa ハベナリア・ロドケイラ×メデューサ。管理人交配個体。 ロドケイラ系とメデューサの交配は各国で散発的に作出されている。サンダーズリスト(ラン科植物交配登録)では、ロドケイラ×メデューサは台湾の佳和蘭園 …

Lilium callosum var. flaviflorum

from Okinawa island, Japan. キバナノヒメユリ。ヒメユリの黄花ではなくノヒメユリ(スゲユリ)の黄花変種。漢字で書くと「黄花の姫百合」ではなく「黄花・野姫百合」。まぎらわしいのでキバナスゲユリと呼ぶ人もいる。 背が高くて倒伏しやすく、ススキ草原…

Cardiandra amamiohsimensis

from Amami island,Kagoshima pref., Japan. アマミクサアジサイ。奄美大島の渓流沿いに自生する奄美固有種。 クサアジサイ属は本土から沖縄、中国南部、台湾にかけて分布する東アジア特産属。本土のクサアジサイ、西表島のオオクサアジサイにはアジサイっぽ…

Habenaria rhodocheila complex hybrid.

Habenaria xanthocheila X Hab. erichmichaelii. ハバナリア・キサントケイラ(黄色)× エリミカエリ(ピンク)。色がやや淡いことを除けば、ロドケイラ種群のオレンジ個体群とほとんど区別がつかない。オレンジは赤系と黄色系の重ね色だと解釈して良いのだ…

Ligustrum tamakii

from Yonaguni island, Okinawa pref, Japan. トゲイボタ。沖縄の一部離島に自生するモクセイ科の常緑低木。 海岸や山地の風衝地で地面に張り付くようにして育つ。盆栽樹としてなかなか秀逸な樹種だが、樹幹が古びにくく短期間で風情を出すのが難しい。越冬…

Habenaria linearifolia

seedling from Nursery. オオミズトンボ。 昨日のオオスズキサギソウ(仮称)と同じ場所で栽培されていた。某業者さんが北関東産の個体から実生増殖し、数年前から販売している系統だそうだ。 沖縄では言うまでもなく栽培不可能だが、本土であっても育成は非…

Pectabenaria 'Unregistered'

Pecteilis radiata X Habenaria linearifolia サギソウ×オオミズトンボ(別名サワトンボ)。某植物園のバックヤードで撮影。沖縄では自然気候下で栽培できない植物の一つ。 サギソウとミズトンボの交配種であるスズキサギソウ(Pectabenaria Yokohama: Pectei…

Vanda falcata(Neofinetia falcata)

from Daito insl. Okinawa pref. Japan. フウラン。販売業者の話では、沖縄県大東諸島産の個体から実生増殖したものとの事。 沖縄のフウランは琉球王朝時代から園芸目的で採取されつづけ、現在はほぼ野生絶滅に近い。しかし栽培下では相当数が生存しているよ…

Spathoglottis X parsonsii (with Thrips.)

in Orchid show. スパソグロティス・自然交雑種パーソンシー。某蘭展にて撮影。 フィリピンで常緑種コウトウシランSpathoglottis plicata と落葉種Spa. vanoverberghiiの混生地に見つかるランだそうだ。ただし栽培流通品は日本のエビネと同様に交配親が判然…

Lobelia loochooensis

from Amami island, Kagoshima pref., Japan. マルバハタケムシロ。奄美と沖縄に分布する希少種だが、沖縄本島ではすでに絶滅したと聞く。 冬期に加温が必要(最低でも10℃くらい。短期間の低温には耐えるが、周年生長型で、低温で生長が止まった状態が続くと…

Luisia teres var. botanensis

from Yonaguni island, Okinawa, Japan. タカサゴボウラン。与那国島産の親個体から実生増殖したという苗を、沖縄本島の洋蘭業者からまとめて購入した。今年になってほとんど全部が開花したが、花はどの株もおおむね似たような感じ。 購入したものの中で一番…

Cirsium brevicaule

in Okinawa island, Japan. シマアザミ。本土に分布するハマアザミの沖縄型。 白花は珍しい・・と本土の方は思うようだが、沖縄本島の個体群はほとんど全部が白花。ネットで情報収集してみたところハマアザミ類は本州から九州、奄美までは淡紅色~ピンク色が…

Staurochilus luchuensis

in Orchid show イリオモテラン。某蘭展にて。 日本国内に自生する着生蘭の中では最大級の種類。自生地は石垣島と西表島、尖閣諸島の魚釣島、台湾、フィリピンなど。(フィリピンのものは別種とする場合もある) 琉球王朝時代から園芸用に採取され続け、沖縄…

Nostoc commune

本日のテーマは陸棲藍藻のイシクラゲ。自生写真がグロ画像に近いので最後に回し、サムネイル表示用に「沖縄島豆腐のカプレーゼ」の画像を貼っておく。 美しい花の画像を見に来た、という方は今回の記事はパスして次に行きましょう。 ということで本題。 イシ…

Ajuga pygmaea

in Okinawa island, Japan. ヒメキランソウ、沖縄本島植栽。 九州南部から沖縄、台湾に分布する多年草。大輪で見栄えの良い系統が増殖され、グランドカバープランツとして販売されている。選別品は沖縄各地で植栽されているが、野生の地味な個体はほぼ絶滅状…

Bletilla hybrid

Tri-Lips unknown hybrid. シラン系交雑種・酔白・三蝶咲き。作場の枯れ鉢の中から生えてきた自然実生だが、これと似た品種を栽培していた記憶が無い。 交雑種が親だと実生後代で形質分離し、いろいろな色や形の子供ができてくる。そのため外見的特徴から親…

Bletilla striata 'Tri-Lips'

seedling from Nursery. シラン三蝶咲き。花弁が唇弁化した突然変異個体で、初めて発見された時にはマニア達が大騒ぎだった。当初は超希少品で、入手したければ業者に予約して順番待ちしなければならなかった。その後に増殖が進み、現在ではホームセンターな…

Peperomia jaonica

from Okinawa island, Japan. サダソウ。画像個体は日陰栽培で少々徒長している。 和名は鹿児島県佐多岬(さたみさき)で見つかったことによるという。公式な名前はサダソウだが、由来から考えてサタソウと呼ぶのが適切のように思われるし、実際にそう記載さ…

Tuber of Diuris alba

seedling's new tubers. 試験的に掘りあげてみたディウリス・アルバの球根。しなびて茶色くなっているのが昨年度の球根、白くてみずみずしいのが今年できた新球根。あまり作上がりはしていないようだが、作落ちもせず現状維持という感じ。地生蘭の中には開花…

Pieris koidzumiana

from Okinawa island, Japan. リュウキュウアセビ、植栽品。沖縄固有の低木で、本土のアセビP. japonicaの亜種とされることもある。従来は奄美大島にも分布していることになっていたが、奄美産のものは2010年にアマミアセビとして独立した。 もともと個体数…

Bletilla hybrid

unknown grex seedling. シラン系実生。栽培場に放置してあった枯れ鉢から勝手に生えてきた。純粋なシランではなく小白笈系の小型種の血が混ざっていると思われる。チャボシラン(シラン×アマナラン)が親ではないかと推測しているが、正解は不明。 管理人の…

Viola stoloniflora

flask propagation. オリヅルスミレ組織培養。オリヅルスミレがどういう植物なのかは以前にも書いたし、検索すれば出てくるので今回は省略。 「組織培養している」と言うと「どうしてそんな面倒なことを?」と怪訝な顔をする方がおられる。まあ最近はオリヅ…

Satakentia liukiuensis

in Okinawa island, Japan. 朝の散歩時に撮影したヤエヤマヤシ。沖縄本島にて。 ポリネシア産のココヤシの木に似ているが、沖縄原産の日本固有種。まあ日本と言っても自生しているのは石垣島や西表島に限られ、沖縄本島のものはすべて植栽品。 園芸店で普通…

Bletilla ’Coerulea’

Bletilla striata 'Murasaki-shikibu' wild correct in Japan. シラン「紫式部」。俗に「青花シラン」と呼ばれる野生選別の色彩変異個体。発見当時は新色発見として大騒ぎになり、バブルの頃でもあったので恐ろしい値段がついた。その後は増殖が進んで価格も…

Plectranthus ornatus?

from Africa. プレクトランサスsp。沖縄本島植栽。Plectranthus ornatus、P. neochilus、P.caninus などの学名で検索すると似た画像が出てくるが、識別点がよく判らず管理人の知識では正確に種名同定できない。 霜に当てると枯れるので本土ではあまり栽培さ…

Sweets made from Benincasa hispida

traditional sweets of Ryukyu kingdom, Okinawa. 琉球銘菓「冬瓜漬」。ウリ科のトウガンの実を黒糖蜜で煮込んだお菓子。 トウガン:http://www.dee-okinawa.com/topics/2012/04/10/tougan07.jpg 上記リンクの画像はオキナワトウガンと呼ばれる系統で、実の…

Amitostigma pinguiculum

from China. 中国大花チドリ。オキナワチドリと同様に、栄養状態によって開花時の花の大きさが変わってくる。栄養繁殖率は悪くないが、全体に軟質で腐りやすく長期維持は面倒。

Deutzia naseana var. amanoi

from Okinawa island, Japan. オキナワヒメウツギ。オオシマウツギの亜種の一つで、沖縄本島特産の極珍木。 観賞価値は高く、栽培・増殖も難しくないのだが見た目の珍奇さに乏しく、大量販売されている本土産のヒメウツギD.gracilisとの差別化が難しい。その…

Bletundina 'Miyako-shirayuki'

Bletilla striata X Arundina bambsifolia(graminifolia) propagate by Mr.Y.U@Miyazaki pref., Japan. ナリヤシラン「都白雪」。宮崎の業者さんの作出品で、シランとナリヤランの交配種。 シランの属間交配種と言われるものの中には、単為発生由来と思われ…

Bidens pilosa var. radiata

from Tropic America. in Okinawa island. タチアワユキセンダングサ。コセンダングサ亜種群の中で、特に花弁の大きいタイプ。オオバナセンダングサともいう。沖縄では最もありふれた雑草の一つで、空き地や荒れ地があれば所かまわず生えまくっている。 もと…

Scutellaria rubropunctata

from Okinawa island, Japan. アカボシタツナミソウ。屋久島から沖縄諸島まで分布する南西諸島の固有種・・なのだが、屋久島と奄美と沖縄本島の個体では微妙に違いがあるようで、DNA解析してみないと同種の範疇かどうか断定しかねるという話もある。今後の研…

Arundina graminifolia

seedling. ナリヤラン実生初花。花弁が平開し、淡色で上品な色合い。

Calanthe discolor var. kanashiroi.

from Okinawa island. カツウダケエビネ。ジエビネの南方変種で、外見的にはジエビネと大差が無い。耐寒性が高くないので、冬に凍結する地域では屋外越冬できない模様。 一般には花に香りがあるとされている。しかし香気成分が特殊らしく、人によって匂いの…

Rhododendron scabrum

in Okinawa island, Japan. ケラマツツジ八重咲き。沖縄本島植栽。 本島南部はアルカリ土壌なので、酸性土壌を好むツツジ類の植栽には適していない。そのため那覇の市街地などではツツジをあまり見かけない。本島北部の酸性土壌地域だとまとまって植えられて…

Microtis unifolia

from Nursery. ニラバラン。「外国産の珍しい地生蘭の球根」として某業者に入荷したもの。どんな花だろう?とワクワクしながら育ててみたらこれだった。 ニラバランは南方系の冬緑性地生蘭で、九州以北ではきわめて稀。日本では15の都道府県で絶滅危惧種リス…

Amitostigma lepidum 'Unnamed'

seedling. オキナワチドリ連舌個体。

Ixeris debilis ?

in Habitat. Okinawa island, Japan. 沖縄本島、東村の海岸にて。オオジシバリだと思うが、専門外なので確定しかねる。沖縄にはアツバジシバリIxeris debilis var liukiuensisと呼ばれるタイプもあるようだし、個体群によって染色体数が違っている場合もある…