Viola utchinensis

from Okinawa island, Japan.

f:id:amitostigma:20170113153140j:plain

オキナワスミレ、学名ウチネンシス。ウチナー(沖縄の現地発音)本島の一部地域のみに局所分布する希少種。自生地は崖地で、管理人のように足元の危なくなった年寄りだと、案内人に手を引いていてもらわないと足をふみはずして命を落とすらしい。それゆえ、まだ自生個体を見に行ったことがない。

が、栽培下での増殖が容易で、山野草業者が手頃な値段で苗を販売しているため入手は難しくない。スミレは一般に短命で、種類によっては開花して体力を消耗した時に暑さに耐えられなくなって、夏を越せずに枯れてしまうこともある。しかし本種は性質がしぶとくて暑さによく耐え、毎年きちんと植え替えすれば長期維持も難しくない。閉鎖花で勝手に種子ができるので近交弱勢とは無縁だし、実生育成も簡単。凍らせなければ本土でも無加温で越冬できるようで、日本産有茎スミレの中では最も維持しやすい部類ではないかと思う。

ただ、草姿に比べて花が若干小さめで色も淡く、外見的には地味なタチツボスミレという感じでインパクトに欠ける。そのため園芸的には評価がそれほど高くない。まあ、一般基準ではスミレマニアのコレクトアイテム以上のものではないような気がする。

 

spur

f:id:amitostigma:20170113153149j:plain

横から見た画像。沖縄には非常に良く似たシマジリスミレが分布していて、売品だと混同されていることもある。文献によれば、花の後ろに突き出ている部分(距:きょ)の形で識別できるそうだ。

が、管理人は正直なところ自信を持って識別できない。中間型で判別に苦しむ個体もあると聞く。流通品は同一の親から殖やされているらしく、どこの栽培品を見ても似たような感じなのだが、自生地の画像を見るとけっこう個体差があるように思われる。管理人は専門外なので、特徴についての論評は避けておく。

 

leaf

f:id:amitostigma:20170113153159j:plain

葉の基部が開くのがオキナワスミレ、基部が閉じてオーバーラップしているのがシマジリスミレだそうだが、これも生育環境や個体差によってかなり異なるようだ。

Nervilia nipponica

from Okinawa island, Japan. in flask propagation.

f:id:amitostigma:20161226152949j:plain

沖縄本島産ムカゴサイシン、フラスコ実生。某研究者が研究材料として採集してきた果実を強奪し、サヤの中に入っていた種子を培養したもの。

 

bloom in flask.

f:id:amitostigma:20161226153011j:plain

フラスコ内での開花。沖縄本島には「ムカゴサイシン」と「ムカゴサイシンモドキ」が分布していて、葉だけでは識別不可能。花の特徴からムカゴサイシンと判断したが、確信は無い。

花と葉の出る時期がズレていて、基本的には葉と花を同時には見られない。野生個体の生活史についてはこちらのサイトが秀逸。

ムカゴサイシン -1- ラン科 Nervilia nipponica

 

new tuber in flask.

f:id:amitostigma:20161226153028j:plain

フラスコ内でできた新球茎。通常は培地深くまでストロンを伸ばし、フラスコの底で新球茎が形成されるが、この個体ではたまたま空気中に球茎が形成されたので撮影してみた。今の時期は花も葉も枯れ、新球茎のみが生き残って越冬する。生育が良好だと2個以上の新球茎ができることもあるが、小さい苗だと画像のように2個目の新球茎は大きくならず、翌春に芽を出す力がなかったりすることもある。

本種は菌依存性が高いようで、長期間の鉢栽培はほぼ不可能のようだ。実質的には、いわゆる「腐生蘭」として扱うのが妥当だろう。菌共生させていない状態でも一年ぐらいなら生きている「こともある」らしいが、開花させると体力を使い果たして枯れてしまうそうだ。自生地でも結実した場合にはほぼ枯れてしまうようで、環境省の資料には成熟個体になってからの平均寿命は2年に満たない、とある。

絶滅のおそれのある野生動植物種の生息域外保全|取り組み事例

フラスコ内では交配が成立しないので結実はせず、開花後に小さな葉を出して数年かけてまた開花株まで生長していく場合が多い。が、もし種子を作らせればおそらく衰弱消滅してしまうのだろう。

球茎を培地にもぐりこんだまま放置しておくと窒息して腐ってしまうので、冬のうちに無菌操作で掘り出して新しい培地に移植する。このまま年1回の継代を継続すれば、ある程度の年月は維持できるかもしれない。しかし、鉢内で共生菌を培養する技術の無い管理人には「栽培」に移行することはできそうもない。

 

Nervilia taiwaniana, from Taiwan, in flask.

f:id:amitostigma:20161227093636j:plain

参考までに台湾ムカゴサイシン(單花脈葉蘭)の無菌培養。小苗では明瞭でないが、葉にチェッカーボードのような地模様が入るのが特徴。

こちらは鉢栽培が一応可能で、国内で個人栽培家が分球増殖させた苗が稀に流通することがある。とはいえ栽培好適条件が非常に狭く、普通のレベルの栽培者だとほぼ100%枯らすので増殖普及する見込みは無い。

画像の苗は国内栽培品のセルフ交配種子から培養したものだが、自家受粉苗だと親株よりも性質が弱くなっていることが予想され、フラスコから出して育てる自信は無い。培養条件の研究には使えるが、異なる自生場所から複数個体を輸入して交配育種するのでなければ園芸的には苗を作っても無意味である。

Amitostigma hybrid.

Amitostigma lepidum X Ami.pinguiculum.

f:id:amitostigma:20161215151955j:plain

オキナワチドリ大点花(冬緑性) × 中国大花チドリ(春~夏生育型)。昨年の画像と別個体。

この個体の出芽時期はオキナワチドリとほぼ同時期(個体によって差があり一斉には咲かない)だったが、出芽後にすぐ開花する大花チドリの血が入っているのでオキナワチドリよりも2ヶ月ほど早く咲いた。悪い花ではないと思うが、今一つインパクトに欠ける感じ。しいてセールスポイントを見つけるとすれば、チドリ類の端境期に咲くという点ぐらいだろうか。

遠縁交配なので半数体的な虚弱さがあって育てにくい。ほぼ不稔で、戻し交配(正・逆)しても発芽力のある種子が得られたことは無い。エノモトチドリ(イワチドリ×コアニチドリ。観賞価値が高いうえに雑種強勢で育て易く、若干は稔性もある)などと違って、栽培品として残っていくために必要な要素が欠落しているようだ。

 

Sister plant from same capsule.

f:id:amitostigma:20161226150831j:plain

上記と同一果実からの姉妹実生。両親は同じだが、斑紋などが若干異なる。

 

seedling from other crossing.

f:id:amitostigma:20161226150841j:plain

こちらは別の両親からの実生で、オキナワチドリ無点花 × 中国大花チドリ。

どちらかというと父親寄りの花になっている。いずれにせよ性質があまり丈夫ではないので、栽培品として残していくのは難しいと思われる。

Habenaria rhodocheila complex hybrid.

Hab.rhodocheila complex 'Small Flower'

X

(aff.militaris X (rhodocheila X other rhodocheila))

f:id:amitostigma:20161126091958j:plain

ハベナリア・ロドケイラ種群内、4系統を使った交配個体。丈夫で分球率の高い小輪個体に、比較的花色の良い個体をかけてみた。花型はあまり良くないが、花色はまあ悪くない。

ロドケイラ系はタイなどの蘭園には常時在庫があるようだが、ほとんどの系統が高温性で日本では育てにくい。画像個体は以前に、日本でも栽培できる個体を作ろうと思って交配したもの。

が、ハベナリアは個体寿命が短く、業者が実生生産して供給しつづけない限り園芸対象として成立しえない、と気付いたので現在は育種を中止している。

もちろん、理想的な環境を整えて適切に栽培管理し、必要に応じて実生(異系統と交配して近交弱勢をおこさないようにする)をすれば長期維持も不可能ではないだろう。しかし、労力(費用)対効果を考えた場合、どう考えても「育てて疲れる植物」であることは間違いない。日本で「普通に」育てたら同一個体を5年育て続けるのはまず無理だろうし、時間をかけてコレクションしていく栽培とは本質的に合わない。ハベナリア類は開花サイズ球を購入して1回咲かせた時点で終了、消費的栽培しかできない植物、と考えるのが現実的でないかと思う。

Utricularia exoleta

from Okinawa island, Japan.

f:id:amitostigma:20161111152347j:plain

ミカワタヌキモ。沖縄本島中部の保全湿地のもの。

ミカワタヌキモは沖縄県レッドデータでは絶滅危惧Ⅱ類の希少種。特に沖縄本島では湿地そのものが開発でほぼ消滅しているので、湿地性植物を見られる場所がものすごく少ない。知人から情報をもらって見に行ってきたのだが、複数の水生希少種が確認できて非常に楽しい場所だった。

・・が、希少種の自生確認!と素直に喜んでいいのかどうか判らない。酷似した外国産タヌキモの移入だった、という可能性もあるからだ。

ミカワタヌキモとされる植物は国外にも広く分布しており、DNA解析すれば複数種に分割できるのではないかとも思う。しかし外見上はどこの国のものもほとんど区別がつかない。熱帯アジアにも分布しているようで、東南アジアから輸入された熱帯魚や水草に混入していることがしばしばあるが、栄養繁殖能力がきわめて高く、環境が良好であれば1㎝くらいの断片からでも再生してくる。水草水槽などに入り込むと分枝しながらどんどん増え、アクアリストには根絶困難な雑草として迷惑がられている。そういう生命力の強い生物が野外に逸出すると、そのまま帰化してしまうことも珍しくない。

不要になった熱帯魚や水草を野外に投棄する人はどこにでもいるが、沖縄の場合は自然気温で熱帯魚が越冬繁殖してしまうので非常に悩ましい。沖縄本島では人里離れた山奥の湧水池に南米原産のグッピーが泳いでいるような状況になっているので、タヌキモ類を見つけても放流されたものではないか疑ってみる必要がある。前述の湿地は環境的に在来個体が生き残っていてもおかしくない場所ではあるのだが、DNA解析してみないと在来個体かどうか断定はできない。

管理人の経験だが、「沖縄本島中部で珍しいミミカキグサが自生していた」と言われて画像を見せてもらったら南アフリカ産のUtricularia livida(ケープタウンミミカキグサ)だった、という事例があった。まあ、そういうのは一目見れば移入種だと判るのだが、ミカワタヌキモの場合は外見からは在来個体と移入個体の見分けがつかないので困る。

ちなみにミカワタヌキモ系の外国種には、大輪花を咲かせるオオバナイトタヌキモと呼ばれる系統もある。本土で野外発見例があるようだが、そちらは花を見ればミカワタヌキモと識別可能。ミカワ型よりも観賞価値が高いので、園芸用として販売されている場合はオオバナ型が多いようだ。

Flowerpot of Okinawa.

 

By N. Kobashigawa@Okinawa pref, Japan.

f:id:amitostigma:20161024101756j:plain

f:id:amitostigma:20161024101813j:plain

沖縄本島・壷屋の永〇窯で作られた山野草鉢。口径(鍔を入れて)105㎜、内径80㎜。描いてある魚は錦鯉のような色だが、背びれが2枚あるので沖縄産海水魚のハタかもしれない。

作者はシーサー作りの名工として知られる方だが、植木鉢の作例は他に見たことがない。某園芸家が個人的に頼んで特注で作ってもらったものだそうで、いろいろと経緯を経て、現在は管理人の手元で預かっている。

壷屋は全国レベルでも屈指の窯業地で、多種多様な作品が製造されている。が、残念なことに植木鉢だけはまったくと言ってよいほど作られていない。作家さんが気まぐれに作って限定販売することがごく稀にあるが、流通数はほぼゼロに近い。観光客がふらりと店に入って販売品を見つけることはまず無いと思う。

沖縄ではそもそも山野草栽培というジャンルが未発達で、山野草展というものが存在しない。それゆえ作家物の工芸鉢をわざわざ使う理由が無く、工芸鉢の制作リクエストがほとんどないらしい。たまに見かける植木鉢も、若い作家さんが作った窓辺ガーデニング用植木鉢だったりする。壷屋で画像のような山野草鉢を見る機会はまず無いと思われる。

植木鉢は制作が少し面倒なので、作家さん達にとっては制作に気乗りのする製品ではないらしい。特注で作ってもらおうと思っても、窯元にコネが無いとなかなか難しいようだ。

 

from 'Pottery of Ryukyu Kingdom'  published by Moromi Museum in 2013.

f:id:amitostigma:20161102102024j:plain

参考までに琉球王国時代の植木鉢。画像は「琉球の古陶集」(諸見民芸館)からの転載。

沖縄でも王国時代には植木鉢が作られていたが、見てのとおりイメージ的にはテラコッタ製のガーデニングポット。今の感覚だと安っぽく見えるが、登り窯で薪を焚いて焼きしめて作ったもので、尋常でない手間がかかっている。なにせ当時の沖縄は水甕と下働きの女性一人が交換されるような時代で、焼き物の価値自体が今とは違う。現在であっても、当時のままの製法で復元制作したらとんでもない金額になるはずだ。

ちなみに鉢の表面に張り付けてある牡丹唐草模様は、中国の北宋時代の陶磁器に源流があるらしい。高級品を示すステータスシンボルとしてさまざまな工芸品に「写し」がおこなわれたようだ。本土でも江戸時代の楽焼鉢に同類のデザインがあるが、琉球製品と似ているのは偶然の一致ではないように思う。

furaikioku.exblog.jp

琉球王国では植木鉢は贈答用の高級陶磁器で、王府から直々に窯元に指示を出して制作させていたらしい。ソテツやカクチョウラン、仏桑花(ブッソウゲ=ハイビスカス)などを植えて薩摩藩への献上品にしていた模様。1609年の薩摩藩琉球侵攻の後に、島津家久から「琉球國ヲ賜ル謝礼トシテ」徳川家康琉球産ハイビスカスを含む品々が献上されているそうな。(「家忠日記増補」)

琉球の士族階級はこういう鉢に枝ぶりの良い盆栽ソテツや、中国から輸入された栽培菊を植えて自慢しあっていたようだ。

しかし廃藩置県後は献上品としての需要が無くなり、植木鉢の制作は完全に途絶えてしまった。屋外で実用品として使用するものなので破損しやすく、士族居住地が太平洋戦争で壊滅したこともあって植木鉢の現物はほとんど残っていない。現存するものは博物館の収蔵庫に収められているか、気合の入ったコレクターの秘蔵品になっているので骨董商などでの販売流通は皆無に近い。コレクターが死去して遺族がコレクション処分、というような場合でもなければ外部に出てこないし、売りに出てきたとしても管理人の小遣い程度で購入できる金額ではないと思われる。

Habenaria Jiaho Yellow Bird

Habenaria rhodocheila(orange) X Hab.medusa

f:id:amitostigma:20161008103420j:plain

f:id:amitostigma:20161008103431j:plain

 ハベナリア・ロドケイラ×メデューサ。管理人交配個体。

ロドケイラ系とメデューサの交配は各国で散発的に作出されている。サンダーズリスト(ラン科植物交配登録)では、ロドケイラ×メデューサは台湾の和蘭園 (Jia Ho Orchid Nursery)がジアホー・イエロー・バードという名前で2013年に登録している。登録個体は品種名からみて花色は黄色だったと推測されるので、宮崎の業者さんが交配育成して「ひむかサギ草・黄サギ」(ロドケイラ・イエロー×メデューサ)という商品名で販売しているものに相当するのではないかと思う。

標準タイプのロドケイラ(オレンジ色)を片親に使った場合には、画像個体のようなトキ色~朱ピンク色になる。こちらのタイプは「ひむかサギ草・朱鷺(トキ)」という商品名で販売されているが、使った親の組み合わせによって花型や花色にかなりバリエーションが出てくる模様。

 

Sister seedling from same capsule.

f:id:amitostigma:20161008103445j:plain

こちらは上画像個体と同一果実から育成した実生姉妹だが、同じ親から生まれたと思えないほど見た目が異なる。どういう形質を美人と評価するか、洋蘭展基準と山野草展基準、花卉生産者と野生植物愛好家では意見が異なるだろう。まあ、競技として点数を競うコンテストであれば評価基準を決める必要もあるだろうが、趣味で育てるものに関しては個人の美意識にもとづいて判断すれば良いと思われる。